名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

公開日: 更新日:

法改正 社会保険(健康保険・年金)

【確定】106万円の壁(月額賃金8.8万円)に交通費や残業代、賞与は入りませんよ!

法改正により社会保険の加入条件が拡大

平成28年の10月より、以下のように社会保険の加入条件が拡大され、

  1. 1週間の所定労働時間が20時間以上
  2. 月額賃金8.8万円以上(年収106万円以上)
  3. 1年以上継続して雇用される見込みがある
  4. 従業員501人以上の企業(従業員の数に含めるのは現行の被保険者)
  5. 学生でない

 

以上の1.~5.のすべてを満たす場合、その労働者は社会保険に加入しなければなりません。

見ての通り従業員数501人以上の企業が対象ですので、基本的には大企業が対象となる制度です。

 

交通費や残業代・賞与は含まない

交通費は含まれないと年金機構のリーフレットで明示

主婦や学生の方など、社会保険に加入したくない人からすると「月額賃金8.8万円以上(年収106万円以上)」という条件が気になるかと思います。

特に「月額賃金8.8万円以上(年収106万円以上)」の中に「交通費」「残業代」「賞与」を入れるのか入れないのか、では働き方が大きく変わるため気になるところでしょう。

しかし、行政の方からは、以下のような資料で、「月額賃金8.8万円以上(年収106万円以上)」に交通費は含めないとはっきりと記載されているのでご安心を。

20160208104154035_0001

 

20160208104207772_0001

赤囲みは筆者によります

 

断言

以前(改正法の施行前)、年金機構に問い合わせたときは「まだわからん」みたいなこと言われて、「もう1年切ってるのにふざけんな」と思っていましたが、このようにお知らせが来た以上、はっきり断言できますね。

106万円の壁の中に通勤費は入りません

(でも、本当に大事なのは年間106万円ではなく、月額賃金8.8万円の方なのでお間違えないように!)

 

残業代・賞与

また、残業代・賞与についても含みません。

というのも、月額賃金88000円については、あらかじめ決まっている賃金(所定内賃金)で判断するからです。

残業代や賞与は、その人が実際にどのように働いたかよって支払われるかどうかが決まるので、含める必要はない、というわけです。

ただし、

 

検索エンジンに残るデマ

ただ、検索エンジンで「106万円 交通費」とかで検索すると未だに、106万円の壁の中に通勤費は「入れる」というガセネタが検索結果で上がってくるんですよね…。しかも、このブログの記事よりも上に!

…って、いや、百歩譲って、それは良いとしましょう。

というか、百歩譲らなくても、それは別にいいんですよ。

単に間違った情報が流通するっていうのは良くないことだと思うので、今回、もう一度記事にしてみた次第なのです。

 

標準報酬月額の出し方(超簡易版)

月額賃金88000円は標準報酬月額では見ない

ただ、注意が必要なのは、106万円の壁(月額賃金8.8万円)の中には交通費や残業代等入れない、これはいいんですが、社会保険料の計算するための標準報酬月額には交通費や残業代なども入れないといけないということ。

なぜなら、月額賃金8.8万円は標準報酬月額では見ずに、実際の賃金が月額88000円を超えているかで見るからです。

 

標準報酬月額の出し方

標準報酬月額で見るのか、実際の賃金で見るのか、の違いを理解するには標準報酬月額のことをきちんと理解する必要があります。

まず、前提として、標準報酬月額とは、以下の表を用いて決定します。

愛知県標準報酬月額

表の右の報酬月額、とあるのが実際に労働者が会社からもらっている賃金の額です(厳密には4月、5月、6月の賃金額を平均したもの)。

この報酬月額によって標準報酬月額の等級が決まります。

例えば、報酬月額が29万5千円の人の場合、上の表の右側、29万円以上31万円未満のところに当てはまります。

つまり、この人は30万円の等級ということになり、この30万に社会保険料率をかけて社会保険料額を決めます。

どうして社会保険ではこのような取り扱いをするかというと、標準報酬月額は将来の年金額の計算でも使うからです。ようするに将来の年金額の計算を簡潔にするために、あらかじめ切りのいい数字で計算しているわけです。

 

106万の壁(月額賃金8.8万円)創設後の社会保険料計算の注意点

月額賃金8.8万円に交通費や残業代等は含めない

さて、106万円の壁(月額賃金8.8万円)の中には交通費や残業代等入れないけれど、社会保険料の計算するための標準報酬月額には交通費や残業代なども入れる、となるとどのようなことが起こるのでしょうか?

例えば、交通費、残業代等含めないで一月の賃金が88000円未満の方は社会保険に加入しなくて大丈夫です。これはいいでしょう。

一方、交通費、残業代等含めないで一月の賃金が88000円以上となり、ギリギリ106万の壁に到達してしまった人の場合、社会保険に加入することになります。

問題はこの人の社会保険料の額が「88000×社会保険料率」となるとは限らない店です。

 

標準報酬月額には交通費や残業代等を含めないといけない

なぜなら、繰り返しになりますが、社会保険料の計算に使う標準報酬月額の等級を決める際には、交通費や残業代等を含めないといけないからです。

よって、交通費、残業代等含めないで一月の賃金が88000円以上で、これにさらに交通費や残業代等を含めると一月の賃金が、例えば12万円となる場合、114000円以上122000円未満、118000円の等級となります。

つまり、社会保険料の計算は「118000×社会保険料率」というふうに計算しないといけないわけです。

これを間違えると、社会保険料が大きく変わってきてしまうので、(しばらくは大企業限定ですが)給与計算等される方は注意が必要です。

 

まとめ

以下、まとめです。

平成28年10月から従業員501人以上の企業では、

  • 社会保険加入時の報酬月額:精皆勤手当、通勤手当及び家族手当を含めないで、実際の賃金額を見る
  • 社会保険料の報酬月額:精皆勤手当、通勤手当及び家族手当を含め、標準報酬月額で計算する

 

月額賃金8.8万円に交通費や残業代等は含めないというところまでは難しくないと思いますが、標準報酬月額との関連を詰めれば詰めるほど、難しい部分が出てくる点に注意ですね。

 

今日はこんなところです。これから社労士会の研修があるので短く終わるつもりだったのですが。以外に長文になってしまいました…。

あと、この件についても書きたかったのですが、マジで時間がない…。

社労士に個人情報漏らした疑い ハローワーク課長ら逮捕

社労士の不祥事が続きますねえ、迷惑この上ない

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 著書に「「働き方改革法」の実務(日本法令)」の他、「ビジネスガイド」「SR」への寄稿、中日新聞での「働く人を守る労働保険」を連載など執筆活動もしてます。