名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

適正な労働時間のための変形労働時間制 -変形労働時間制導入マニュアル

労働者と会社の幸せのための変形労働時間制

日本の労働基準法では「1日8時間、1週間40時間」と上限となる労働時間が決まっています。

しかし、業務には繁閑がつきもの。

季節によっては、1週間40時間でも時間が足りないこともあれば、余ることもあります。

変形労働時間制とは、1ヶ月や1年間という期間内で、平均して1週間の労働時間が40時間になっていれば、余裕がある時期には労働時間を短くし、忙しい時期には労働時間を長くしてもいい、という制度です。

この制度を有効活用すれば、余計な残業や休日労働を削減し、残業代等の節約もできます。また、労働者のワーク・ライフ・バランスの向上にもつながります。

変形労働時間制にはそれぞれ用途が異なる4つの制度があります。

以下のページをご覧いただき、みなさんの会社にとって、どの制度を導入するのがいいか、どのように導入すればいいのかの参考にしていただければと思います。

2016/09/02