名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所です

公開日: 更新日:

労働契約

Q9 就業規則と労働契約とで内容の異なる箇所があるのですが

A9 基本的には就業規則の内容が優先されますが、労使間で個別に定めた条件に合意している場合は労働契約が優先されます

原則は就業規則の方が優先

法律上、就業規則と労働契約とでは、就業規則のほうが優先されるとされています。

ただし、個別の労動者と使用者のあいだで、就業規則の内容と異なる労働条件に合意していた場合は、労働契約が優先されます。

あくまで、就業規則と労働契約の内容が「異なる」場合のため労働契約の条件が就業規則よりも上でも下でも、労使間で合意がある限り構いません。もちろんこれは労働基準法に定める基準を下回っていないことが条件です。

 

労働契約と労働協約との関係

ちなみに、会社と労働組合とのあいだで結ばれる労働協約がある場合、労働協約は就業規則や労働契約よりも優先されます。一方で、労働協約よりも労働契約のほうが優先されることがあるのは就業規則の時と同様です。

つまり、特別な定めがない場合、労働契約と就業規則、労働協約の関係は以下の通りとなります。

労働協約≧就業規則≧労働契約

 

 

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 著書に「「働き方改革法」の実務(日本法令)」の他、「ビジネスガイド」「SR」への寄稿、中日新聞での「働く人を守る労働保険」を連載など執筆活動もしてます。
//サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述