名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所です

公開日: 更新日:
HOME > ブログ > 労働法・各種制度解説 > 時間外労働 >

Q7 時間外手当はどのように計算すればよいのでしょうか

A7 時給、もしくは時給換算した給与に以下の割増賃金率をかけて計算します

時間外手当は、時間で計算されるので、その基礎となる賃金についても時間に換算する必要があります。

よって、時給の場合はそのままの金額でいいのですが、日給や月給の場合、それを時給に換算する必要があります。

時給 : 「その金額」

日給 : 「その金額 ÷ 1日の所定労働時間数」

週給、月給 : 「その金額 ÷ 週もしくは月の所定労働時間数」

 

また、割増賃金率は以下のようになります。

時間外労働 : 2割5分以上(※1)

休日労働 : 3割5分以上(※2)

深夜労働 : 2割5分以上

※1 月60時間を超えた時間外労働分は5割以上(中小企業は除く)
※2 法定休日に労働させた場合。所定休日の場合は2割5分以上

 

時間外労働および休日労働が、深夜に及んだ場合、割増率は合算されます。

・時間外が深夜に及んだ場合 : 5割以上

・月60時間超えで時間が深夜に及んだ場合 : 7割5分以上

・休日労働が深夜に及んだ場合 : 6割以上

 

一方で、休日労働は1日すべて時間外労働している扱いになるので、休日労働と時間外労働が合算されることはありません。