時間外労働

Q7 時間外手当はどのように計算すればよいのでしょうか

2015年10月14日

A7 時給、もしくは時給換算した給与に以下の割増賃金率をかけて計算します

まずは時給換算

時間外手当は、時間で計算されるので、その基礎となる賃金についても時間に換算する必要があります。

よって、時給の場合はそのままの金額でいいのですが、日給や月給の場合、それを時給に換算する必要があります。

時給 : 「その金額」

日給 : 「その金額 ÷ 1日の所定労働時間数」

週給、月給 : 「その金額 ÷ 週もしくは月の所定労働時間数」

 

割増賃金率

また、割増賃金率は以下のようになります。

時間外労働 : 2割5分以上(※1)

休日労働 : 3割5分以上(※2)

深夜労働 : 2割5分以上

※1 月60時間を超えた時間外労働分は5割以上(中小企業は除く)
※2 法定休日に労働させた場合。所定休日の場合は2割5分以上

 

よくある勘違いとして、時間外手当や休日手当を時給の125%や135%で支払う関係から、深夜手当についても125%と就業規則等に記載してしまうケースがあります。

しかし、そのように定めてしまうと、例えば、時間外労働と深夜労働が重なった場合、賃金の額が250%というとんでもないことになってしまうので、深夜手当についてはきちんと0.25倍や25%としておく必要があります。

 

割増率が合算される場合

時間外労働および休日労働が、深夜に及んだ場合、割増率は合算されます。

・時間外が深夜に及んだ場合 : 5割以上

・月60時間超えで時間が深夜に及んだ場合 : 7割5分以上

・休日労働が深夜に及んだ場合 : 6割以上

 

一方で、休日労働は1日すべて時間外労働している扱いになるので、休日労働と時間外労働が合算されることはありません。

 

時間外労働についてのQ&A

名古屋のブロガー社労士の日記TOPへ戻る
  • この記事を書いた人

社会保険労務士 川嶋英明

社会保険労務士川嶋事務所(名古屋)の代表。 人事労務と無関係に暮らしてたはずが、社労士だった叔父の病気を機に猛勉強。今は亡くなった叔父の跡を継ぎ、いつの間にか本まで出してます。 3冊の著書のほか「ビジネスガイド」「企業実務」など専門誌への寄稿、中日新聞での短期連載など、メディアでの執筆実績も多数

-時間外労働
-