名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

Q11 会社に自分の心のことを知られたくないという理由でストレスチェックを拒否する労働者がいます。どうしたらいいでしょうか?

A11 会社は、労働者の同意なしに、個々の労働者のストレスチェック結果を知ることはできませんので、そのことを説明してあげてください

ストレスチェックの実施者である医師、保健師等は、労働者の同意がない限り、個々の労働者の結果を会社に通知してはならないと、法律上定められています。

また、実施者をサポートする会社内の「実施事務従事者」も、人事権や管理監督権限を持たないものから選定する必要があります。当然、「実施事務従事者」にはストレスチェックの事務を行う上で得た情報について守秘義務があります。

よって、労働者の方が同意しないかぎり、ストレスチェックを受けたからといって、労働者の心の問題を会社が知る、ということはありません。

なので、質問の理由でストレスチェックの受診を拒否される労働者がいる場合、会社が勝手にストレスチェックの結果を知ることはないことや、会社が法令に則ってストレスチェックを行うこと等を伝えることが重要です。

 

ただし、ストレスチェックは、会社に実施する義務がある一方で、労働者には受ける義務がありません。

そのため、どうしても、労働者の方が受けたくないというのであれば、会社として無理にストレスチェックを受けさせる必要はないでしょう。

 

ストレスチェックの詳しい制度の説明については、過去にブログの方で行っていますので、よろしければこちらをご覧ください。

3分でわかるストレスチェックの概要

2017/02/02