事務作業の働き方改革はPCの起動ディスクをHDDからSSDに変えてから - 名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

働き方改革

事務作業の働き方改革はPCの起動ディスクをHDDからSSDに変えてから

2018/08/10

お盆休み中の更新なので、いつもとは毛色の違う話を。

 

もしかしてまだHDD?

皆さんの会社のPCの起動ディスクが何かわかりますか?

起動ディスクというのは簡単に言うとOSの入ってるストレージです。

もしかしてまだHDDなんじゃないですか?

だとしたら、SSDに変えたほうが良いと思います。

SSDとHDDだと、まずパソコンの立ち上げスピードが段違いです。

HDDが目覚まし10個あっても朝起きられない人だとすると(私の叔父がそうでした)、SSDはゴルフが楽しみで朝の早起きが苦にならないお父さんのように起動が速い。

当然、アプリの起動速度やそれ以外の動作もSSDの方が早いし快適。

PCが重いとお悩みの場合、HDDをSSDに変える方が、CPUやメモリを変更・増設するよりもよっぽど効果があります。

 

SSDに変える本当のメリット

「いきなり何の話をしてるんだ、おまえはサンディスクの回し者か?」と思う人もいるかもしれませんが、働き方改革、働き方改革と言われる中(そういう本も出したわたくし名古屋の社労士川嶋ですが)法律的な話よりも前にやること、やれることがあるんですよ、ということを伝えるために、こういう話をしています。

だってですよ、事務作業がメインの業務の場合、HDDをSSDに変えるだけで作業が早くなるわけで、それだけでも労働時間の削減につながります。

加えて、ちょっとパソコンに詳しい若い労働者なんかは、そもそもHDDの入ったPCを使わされていることに不満を持ってるかもしれません。

こんな状態を放置して、やれ時間外労働の上限規制だ、同一労働同一賃金だといって対策しても、いやそれよりも先にやることあるだろ、と労働者に思われるのがオチです。

(ていうか、わたしに言わせたらビジネス用PCでHDDにOS入れたPCなんて発売禁止にしろって話)

 

コンプライアンスのための働き方改革ではない働き方改革を

それに大前提として、政府の考える働き方改革も大事だけど、本当に大事なのは労働者が快適に働けることではないでしょうか。

別にわたしは会社は労働者をVIP扱いしないといけないといってるわけではなく、不満を持ったまま働かれるよりも快適に働いてもらった方が作業効率も高まるし、ミスや不正も減ると思ってるから、そういうことを言ってるわけですよ。

HDDをSSDに変えるというのは、非常に実践的ではあるけれども、あくまで象徴的な話なわけです。

なので、会社によってはもっと他の形で、あるいはもっと簡単な形で労働者の労働環境を改善できることがあると思うので、はじめから働き方改革なんて無理なんて諦めずに、まずは何かできることはないか考えるところから始めることが大切です。

(拙著が「コンプライアンスのための働き方改革」のための本として書かれた理由は、拙著はしがきで解説しています)

 

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。