名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

マイナンバー 労務管理

性弱説で企業内セキュリティを考える

2016/04/20

人を性善説で見るべきか、性悪説で見るべきか、というのは大いに議論のあるところかもしれません。

小さな企業だと、経営者の方は比較的性善説的な立場を取ることが多く、「うちの従業員に限って」とか「わたしは自分の社員を信じてるので規則なんていらない」といった考えを持っていたりします。

逆に労働者と一度でももめたことのある会社の経営者というのは、二度とあんな苦労はしたくないということで、規則をガチガチに作りたがります。つまり、性悪説で人を見るようになってしまったわけです。

性弱説

ただ、世の中には性善説でも性悪説でもない「性弱説」という考え方もあるようです。

性弱説というのは「人は生まれながらに弱いものである」という考え方です。

弱いからたまにズルしてしまうし、弱いから一度決めたことを覆すこともある。

核心に迫るためにも、具体的な例で考えてみます。

ある日突然、奥さんが難病を患いました。急なことにはその旦那は精神的に弱っている上に、治療にはたくさんのお金が必要ときかされました。ただ、幸か不幸かその旦那は大量の個人情報を扱う会社でかなり長く働いていて、その情報にアクセスする権限を持っています。さて、旦那はどうするでしょうか・・・。

行動経済学者のダン・アリエリーは人が不正を犯す理由に「つじつま合わせ仮説」というものを唱えています。要するに、自分の中で不正を犯してもよいと判断出来るだけの様々なつじつまが合った時に限り、人は不正を犯すのだというわけです。

個人的には、上記の旦那が、長年会社に貢献してきたんだから会社から大量の個人情報データを持ちだして奥さんの医療費にしたっていいじゃないか、と考えたとしても不正に手を染めるのに十分なつじつまが合っている気がします。

性弱説と企業内セキュリティ

上記のような具体例の主人公を救うのに性善説は役に立ちません。むしろ、ガバガバのセキュリティゆえに主人公の背中を押してしまうかもしれません。だからと言って性悪説に立って周りの人と付き合うのは、多くの人にとって気分のいいものではないでしょう。

だからこその性弱説なのです。

いつもは強い人でも、突発的な出来事により心が弱ることはあります。そんなときに、会社内で労働者が間違いを起こさないようにと、きちんと規則をであったりセキュリティ体制を作っておいてあげることは、労働者を守ることにつながるはずです。例えるなら、100円玉が路上に落ちてるから、100円玉を拾う人間が現れるわけですが、その100円玉を予め拾っておいてあげるようなものです。なにも後ろめたいことではない。

就業規則や服務規程を作成するのに抵抗のある経営者の方々は、まず「性弱説」で物事を考えてみて、そうした精神的な抵抗を取り払ってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。