名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所です

公開日: 更新日:
HOME > ブログ > 労働法・各種制度解説 > 労働時間 >

Q2 労働時間はなぜ1日8時間1週40時間までと決まっているのでしょうか?

A2 長い労使間の闘争の歴史により現在のルールが確立されました

1日の労働時間に制限はなかった

産業革命当時、労働者の労働時間は10時間から16時間もあり、休みも1日しかなかったそうです。

こうした環境で働くことは人間にとって良くないということで1810年、イギリスの実業家ロバート・オーウェンは自身の経営していた工場で「1日10時間労働」を実践。

その後、1817年には1日8時間労働を新たな目標とし、「仕事に8時間を、休息に8時間を、やりたいことに8時間を」のスローガンを作り出し、その後の資本階級と労働階級の闘争に大きな影響与えました。

 

法制化されたのは20世紀に入ってから

しかし、法制度として「1日8時間労働」が法定化されたのはそれから100年後の1917年の、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国が初。

その2年後に、国際労働機関(ILO)第1回総会で「1日8時間・週48時間」という労働制度を定め、国際的労働基準が確立されました。(このときはまだ週休2日ではなかった)

日本で1日8時間労働が法定化されるのは、戦後である1947年の労働基準法の制定まで待たねばなりません。

 

週40時間が一般化されたのは平成になってから

では、週40時間についてはどうでしょうか。

ここでは日本の制度についてのみ解説していきますが、実は日本で労働基準法が制定された当時(昭和22年)、週の法定労働時間は48時間とされていました。

それから40年ものあいだ週の法定労働時間は48時間だったのですが、昭和62年の改正でついに週40時間労働を目標化が定められました。背景には「国際社会における我が国の地位にふさわしい労働時間の水準とする必要性が増大」があったからとされています。

さらにそこから段階的な法改正が行われ、ついに平成6年より週40時間が週の法定労働時間の原則となりました。

 

ちなみに、現在でも1日と1週で労働時間を規制しているのは、日本くらいで、欧米ではインターバル規制があることもあり、週の労働時間のみ規制しているところが多いようです。