Q4 出勤率が8割未満の場合、有給は与えなくても良いと聞きました。出勤率の算定方法を教えてください - 名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

Q4 出勤率が8割未満の場合、有給は与えなくても良いと聞きました。出勤率の算定方法を教えてください

A4 全労働日に占める出勤した日の割合で算定します

出勤率とは対象期間の全労働日中に占める出勤した日で算出します。

たとえば、過去1年の全労働日が260日の会社で、出勤した日が250日あった場合、250÷260=0.96153… となり出勤率は約96%となります。

ちなみに、出勤した日は、遅刻・早退など少しでも労働した日は、出勤した日として扱う必要があります。

また、以下の場合は、出勤したものとしてみなす必要があります。

① 業務上の負傷・疾病による療養のため休業した期間
② 産前産後の女性が産前産後の休業を取った期間
③ 育児休業または介護休業をした期間
④ 年次有給休暇を取得した日

全労働日とは、総歴日数から会社で定めた所定休日を除いた日です。

ただし、以下の場合は全労働日から除外する必要があります。

・ 使用者の責に帰すべき事由による休業の日
・ 正当な争議行為により労務の提供が全くなされなかった日

2016/05/25