名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

お知らせ

企業実務2019年10月号に寄稿させていただきました

タイトルのとおりですが、本日発売(2019年9月25日)の企業実務2019年10月号に、本ブログ管理人の川嶋の記事を寄稿させていただきました。

寄稿した記事のタイトル「休息時間を確保するために 「勤務間インターバル制度」導入の要所」の通り、内容は勤務間インターバル制度についてです。

勤務間インターバル制度については拙著「「働き方改革法」の実務」でも解説していますが、今回の記事のイメージとしてはその内容をギュッと濃縮した感じ。

なので、短時間で勤務間インターバル制度のことをサクッと知りたい方は今月号の企業実務の記事を、そして、企業実務の記事を読んでもっと勤務間インターバル制度のことを知りたいと思った方は拙著を読んでもらえるとありがたいなあと思います。

あと、勤務間インターバル制度については実務でも、おそらくかなり難しめの制度整備をさせてもらっていることもあって、個人的に思い入れもあるし、それなりに自信のある分野なので、こうして記事を書かせてもらえるのはご縁を感じますね

わたし以外の記事も当然のことながら充実していますので、ご興味ある方はお手にとってもらえればと思います。

Kindle版であればAmazonでも買えます。

今日のあとがき

久しぶりのブログ更新が「お知らせ」というのに後ろめたさを隠せませんが、いろいろと落ち着いたら、また更新していきたいと思います。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 著書に「「働き方改革法」の実務(日本法令)」の他、「ビジネスガイド」「SR」への寄稿、中日新聞での「働く人を守る労働保険」を連載など執筆活動もしてます。