名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所です

公開日: 更新日:
HOME > ブログ > 労働法・各種制度解説 > 変形労働時間制 >

Q3 1週間単位やフレックスタイム制を導入した場合、残業代計算はどうなりますか?

A3 制度によって、以下のように計算します

1週間単位の変形労働時間制の残業代

① 1日の法定時間外労働

1日8時間を超える時間を定めた日はその時間、それ以外の日は8時間を超えて労働した時間。

例えば、1日10時間の労働日は10時間を超えた時間から、1日6時間の労働日の日は8時間を超えた時間から時間外手当が発生します。

 

② 1週の法定時間外労働

1週の時間外労働については、40時間を超えたかどうかで判断します。

 

フレックスタイム制の残業代

労使協定で定めた清算期間の法定労働時間の総枠(40時間×対象期間の歴日数÷7日)を超えて労働した時間が時間外労働となります。

例えば、清算期間が1カ月で歴日数が31日の場合、法定労働時間の総枠は177.14時間となります。

よって、清算期間中の労働時間が177.14時間を超えた場合、時間外手当が発生します。

通常の労働時間や、他の変形労働時間制のように、1日や1週間の労働時間については時間外労働が発生しないのが特徴です(ただし、使用者側にはフレックスタイム制の対照労働者であっても1日の労働時間について把握する必要があります)。

※ 特定の事業については週の法定時間は40時間ではなく44時間となります。