名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

中日新聞

テーマは通勤災害、「寄り道した場合は?(働く人を守る労働保険第19回:中日新聞連載)」

2016/08/11

 

最近は自宅で仕事をする人が増えているとはいえ、会社に行って仕事をする人が大多数でしょう。通勤は会社の管理下になく、業務中でもないため、けがをしたりしても「業務災害」とはなりません。しかし、業務との関連が深いため、通勤によるけがや病気については「通勤災害」として労災保険で補償されます。

通勤災害の判断で重要なのは、災害に遭ったときが本当に「通勤中」かどうか。たとえば交通事故に遭ったのが家に帰る途中でも、「通勤ではない」と判断されるケースがあるのです。

労災保険における通勤とは原則、「住居と就業場所の往復」を指します。さらに往復の経路や方法が合理的である必要もあります。公共交通機関や自家用車を使い、できるだけ短い時間と距離で移動するのは合理的ですが、遠回りしていたときや飲酒運転は合理的と認められません。子どもの保育園への送り迎えなどは遠回りに含みません。

帰りに同僚と飲みに行ったり、恋人とデートしたりしたときはどうでしょうか。出勤前に「朝活」や趣味の活動をする人もいるでしょう。立ち寄った場所が自宅と職場の経路上にあれば通勤になります。ただし、飲み会やデートなどの最中と、その後の自宅とまでや会社までは通勤になりません。経路から大きく逸脱したり、通勤自体を中断したりすると、認められません。

一方、通勤途中で飲み物を買ったり、公衆トイレを利用したりするのは、逸脱や中断には含みません。途中で日用品を購入したり、病院で診察を受けたりといったことは、日常生活で必要な行為。買い物中や診察中は通勤と認められませんが、その後の移動は通勤となります。

中日新聞H28.8.11付「働く人を守る労働保険」より転載

 

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。