名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

労務問題(時事)

ベネッセの容疑者の肩書が派遣社員から委託社員に変わったことの意味

2016/04/20

ベネッセの個人情報流出の件で気になったことがあったので1つだけ。

容疑者の肩書を委託社員に訂正 ベネッセ情報流出で警視庁

警視庁が今回の件の容疑者の肩書をこれまでの派遣社員から委託社員に変える、という、一般の人から見たらどうでもよくね、と思われるかもしれないことですが、これがどうして、なかなかに気になるのが社労士の宿命でしょうか。正直、個人情報流出の件よりもわたしは気になりました。

簡単に説明しておくと、委託社員というのは要は請負のことです。個人請負として、会社と労働契約ではなく請負もしくは委託契約を結ぶとう形態。この場合、委託契約のため社会保険料や雇用保険料を支払わなくても良い一方、労働契約ではないため、基本的に会社は業務の遂行方法を委託者に任せなければならず、業務命令等はできません。まあ、このへんはほじくり始めると長くなるのでここらでやめておきます。

わたしが気になったのは、なぜベネッセやその他マスコミはこうした委託社員を派遣社員と誤認していたかという点です。

委託社員と派遣社員の共通点は「ベネッセと雇用契約を結んでいない」くらいしかありません。前述したように、委託社員の場合、ベネッセと委託社員が結ぶのは委託契約だし、派遣社員の場合は、派遣元である派遣会社と雇用契約を結ぶため、ベネッセと派遣社員の間に契約がそもそもありあません。

ここからはわたしの予想ですが、もしかしたらベネッセはどこか別の会社から自社の委託社員となってくれる相手をどこか別の会社から派遣してもらっていたのではないでしょうか。つまり、ベネッセの関連会社には個人請負を派遣する会社が存在するのでは、ということです。

これだと、委託社員が別会社から派遣されているので、委託社員を派遣社員と誤認してもおかしくはない。おかしくはないのですが、派遣元が労動者などと雇用契約を結ぶことなく労動者を派遣することは労働者供給事業として職業安定法第44条で禁止されているので、それがわたしには非常に気になったわけです。

繰り返しますが、これはあくまでわたしの予想であり、実際のところはどうなのかわかりませんが、もしかしたら、思わぬところで今後、ベネッセの労務管理の脇の甘さが露呈することになるかもしれません。

追記:この記事では「委託社員=個人請負」を前提に書きました(この解釈のほうが一般的だからです)が、事件を詳しく追ってみたところ、今回の件で言う「委託社員」とは単に外部委託先の社員ということもありえそうですね。ただ、その場合でも広い意味での偽装請負の可能性はありそうですが。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。