名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

中日新聞

失業、労災から生活守る(働く人を守る労働保険、最終回:中日新聞連載)」

 

この連載では半年間、雇用保険や労災保険の仕組みを解説してきました。それでも、両方の保険を日常的に意識したり、考えたりする人は多くはないかもしれません。雇用保険は主に「失業」に、労災保険は主に「労働災害」に対する保険ですが、ともに頻繁に起こることではないからです。実際、今まで雇用保険や労災保険を利用したことがない人が多数ではないでしょうか。

しかし、不幸は突然やってきます。失業によって働く場所を失ったり、労働災害によるけがや病気で働きたくても働けなくなったりするのは、非常に大きなリスク。給与が得られず生活に困る恐れが出てくるのですから。

そんなときでも、月収三十万円の人であれば、雇用保険からは失業時に一日当たり五千七百円ほどの基本手当が支給されます。労働災害に遭い休業を余儀なくされた場合、同じように月収三十万円なら、一日八千円ほどの休業補償給付がもらえます。万が一のことが起きても、給付をもらえると知っていれば、失業や労働災害に対する心構えは変わってくると思います。

失業や労災事故に直面したときだけでなく、育児のための育児休業給付金、資格取得のための教育訓練給付金など前向きに手助けしてくれる仕組みもあります。

残念ながら、保険料の負担を嫌がり、雇用保険や労災保険に未加入のまま人を雇っている企業があります。しかし、人を雇うことは人生を預かることに近く、両保険への加入は最低限の礼儀ではないでしょうか。

「働く人を守る労働保険」は今回が最終回です。陰ながら生活を支える労働保険を知るきっかけになれたとしたら、幸いです。半年間、ありがとうございました。

中日新聞H28.9.29付「働く人を守る労働保険」より転載

 

今年の四月から中日新聞で始まった連載「働く人を守る労働保険」も今回が最終回です。一応、打ち切りではなく、もともとの予定通り完走させていただいただけなのであしからず。

わたしにとっては初めての連載だったわけですが、半年間やってみて思ったのは学ぶことだらけだったのということです。

1つだけ例をあげると、新聞では文字数制限もあるし、読んでる層もブログよりも遥かに幅広いので「文字数を抑えつついかにわかりやすく記事を書くか、」ということが重要になります。

普段から文字数制限のないブログで好き勝手書くことに慣れているわたしには全然備わってない技術です。

でも、わたしの連載を担当してくださった記者の方は、当然のことながらそうした技術を持っているので、初稿をメールで送って、それが返ってくると「ああ、ここはこういうふうに直すんだ」と感心させられること、驚くことが多々あり、勉強になりましたね。

 

連載中は火曜日か水曜日に、次の週の原稿を書く、というサイクルで連載記事を書いていましたが、今週はもうそれもなし。

寂しいし、なんだか落ち着きませんが、ほっと一息つけていたりもしているので、なんとも複雑です。

まあ、連載中よりは多少なりとも時間ができると思うので、お仕事のオファー等、お待ちしております(笑)。

 

最後になりますが、この連載の話を持ってきてくださったH氏、連載の担当をしてくださったS氏、そして、中日新聞社への感謝の言葉でこの投稿を締めたいと思います。

本当にありがとうございました。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。