名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

Q3 最低賃金に含むのは基本給だけですか? 交通費や残業代はどうなりますか?

A3 基本給以外にも最低賃金に含む賃金はあります。また、残業代や交通費は最低賃金には含まれません。

最低賃金に含む賃金とは、毎月支払われる基本的な賃金を言います。

一方、最低賃金法第4条の3では、最低賃金に含めないものとして以下のように定めています。

  1. 一月をこえない期間ごとに支払われる賃金以外の賃金で厚生労働省令で定めるもの
  2. 通常の労働時間又は労働日の賃金以外の賃金で厚生労働省令で定めるもの
  3. 当該最低賃金において算入しないことを定める賃金

1は賞与や結婚祝金など不定期なものや臨時的なもの、2は残業代や深夜・休日手当のことを言っています。

3は具体的には精皆勤手当、通勤手当及び家族手当のことを指します。

つまり、交通費や残業代を除いた額で最低賃金の計算をしないといけません。

まとめると、最低賃金に含まないものは以下のとおりとなります。

  • 賞与など支払いの間隔が1カ月を超えるもの
  • 結婚祝い金や死亡弔慰金など臨時的なもの
  • 時間外手当(法定外だけでなく所定外も含めない)
  • 休日手当
  • 深夜手当
  • 精皆勤手当
  • 通勤手当
  • 家族手当   .etc

よって、上記のもの以外であれば、基本給以外であっても、例えば営業手当なども最低賃金に含まれます。