最低賃金

Q1 最低賃金とは何ですか?

2016年6月30日

A1 最低賃金とは使用者が労働者に支払う賃金の最低基準です

最低賃金が適用されるのが雇用されて働く全て労働者

最低賃金とは使用者から労働者に支払われる賃金の最低基準をいい、雇用されて働く全ての人たちに賃金の最低額を保証する制度となっています。

最低賃金が適用されるのは、支払う側と支払われる側に労働契約がある場合です。

つまり、使用者(会社)から労働者に賃金が支払われる場合に最低賃金が適用されるわけです。

また、最低賃金法でいう労働者とは、労働基準法上でいう労働者と同じになります。

よって、労働者として以下の条件を満たす場合、最低賃金が適用されます。

  1. 職業の種類を問わず事業または事務所で
  2. 他人の指揮命令下で使用され
  3. 労働の対償として賃金を支払われる者

ちなみに、最低賃金を世界で初めて法制化したのはニュージーランドだそうです。

 

最低賃金についてのQ&A

名古屋のブロガー社労士の日記TOPへ戻る
  • この記事を書いた人

社会保険労務士 川嶋英明

社会保険労務士川嶋事務所(名古屋)の代表。 人事労務と無関係に暮らしてたはずが、社労士だった叔父の病気を機に猛勉強。今は亡くなった叔父の跡を継ぎ、いつの間にか本まで出してます。 3冊の著書のほか「ビジネスガイド」「企業実務」など専門誌への寄稿、中日新聞での短期連載など、メディアでの執筆実績も多数

-最低賃金
-