安全衛生

Q13 会社に労働者が10人ほどしかいませんが、ストレスチェックを行う必要はありますか?

2016年6月3日

A13 ストレスチェックは50人以上の事業場では実施義務がありますが、50人未満の事業所では努力義務となります

ストレスチェックとは

ストレスチェックとは以下のことを目的に実施するものであり、常時50人以上の労働者を使用する事業場において、1年に1回、定期に実施する義務があります。

  • 一次予防を主な目的とする(労働者のメンタルヘルス不調の未然防止)
  • 労働者自身のストレスへの気付きを促す
  • ストレスの原因となる職場環境の改善につなげる

 

ストレスチェックを実施した際には、所轄の労働基準監督署に結果報告書を提出する義務もあります。

 

50人未満の事業場のストレスチェック

50人未満の事業場については、ストレスチェックの実施は努力義務となっていて、必ずしも実施する必要はありません。

一方、50人未満の事業場であっても、労働者のメンタル管理のためにストレスチェックを実施する、という事業場もあるでしょう。

その場合は、たとえ50人未満の事業場であっても、法律に則ったものでなればなりません。

たとえば、会社が労働者に無断でストレスチェックの結果を知ろうとしたりしてはいけないわけです。(ただし、所轄の労働基準監督署への結果報告書の提出義務はありません)

また、地域産業保健センターでは、ストレスチェックの実施自体は行っていないものの、ストレスチェックで高ストレス者がわかった際の面接指導については、対応してくれるそうなので、50人未満の事業場でストレスチェックを行う際は利用を検討してみてもいいかもしれません。

地域産業保健センター(独立行政法人労働者健康安全機構 愛知産業保健総合支援センター)

 

ストレスチェックに関する、より詳しい制度の説明については、過去にブログの方で行っていますので、よろしければこちらをご覧ください。

 

安全衛生についてのQ&A

名古屋のブロガー社労士の日記TOPへ戻る
  • この記事を書いた人

社会保険労務士 川嶋英明

社会保険労務士川嶋事務所(名古屋)の代表。 人事労務と無関係に暮らしてたはずが、社労士だった叔父の病気を機に猛勉強。今は亡くなった叔父の跡を継ぎ、いつの間にか本まで出してます。 3冊の著書のほか「ビジネスガイド」「企業実務」など専門誌への寄稿、中日新聞での短期連載など、メディアでの執筆実績も多数

-安全衛生
-