名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

Q8 どうしても休んでほしくない日に社員が有給を請求してきたのですが。有給を与えないとダメですか

A8 有給の取得を拒否することはできませんが、他の時季に変更することはできます

労働者がいつ有給を取るかを決定できる権利は、時季指定権として労働基準法で認められています。

その一方で、会社には時季変更権が認められています。

ただし、労働者の時季指定権が一般に広く認められる一方で、会社の時季変更権の行使には一定の制限がかけれられており、労働者が有給を取ることによって「事業の正常な運営を妨げる場合」に限られています。

「事業の正常な運営を妨げる」とは、業務の規模や内容、作業の内容、代替要員の手配の難易度等を総合的に判断する必要がありますが、判断する際は、会社の主観的な判断ではなく、より客観的な判断に基づいて、業務上の支障があるかを判断する必要があります。

2016/05/25