名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

社労士が最初に持ってくる就業規則はあくまで「叩き台」と知る

プロでも最初から完璧な規則は作成できない

内製するか、社労士に外注するかを決める」でも述べたように、社労士は必ずしも会社内部の事情を知っているわけではありません。あなたの会社の内部事情を何もかも把握している顧問社労士がいる場合は別ですけど。

もちろん、作成するに当たって、経営絵者や担当者と面談したり、ヒアリング等は行うでしょうが、法律的な部分はともかく、それ以外の会社のルールの部分について最初から完璧な就業規則を作成できるかというと、それは正直な話、難しい。

なので、最初に作成する就業規則は、労働時間や賃金形態等は、その会社に合わせてあるものの「叩き台」に近いものとなります。少なくともうちで作成する就業規則はそうです。

叩き台なので、最初の就業規則はまだまだ未完成品です。

しかし、叩き台なので、はっきり言って、気に入らないところがあればどんどん文句を言っていいし、気になるところはどんどん相手の社労士に聞いていいわけです。

他の社労士は知りませんが、わたしはそうしたご意見をいただくことを全く苦に思いませんし、ありがたいと感じ、完璧な就業規則の作成に向けて、業務を行うことができます。

逆に言うと、そういうことができない、お高く止まって「うちで作った就業規則は完璧なんだから文句言うな」みたいな社労士に頼むと、就業規則作成は失敗に終わる可能性があるわけです。

 

必読!失敗しないための就業規則作成マニュアル一覧

就業規則を作成・変更すべきか迷っている方へ

就業規則作成・変更のために準備すべきこと

いざ就業規則作成・変更開始! で気をつけること

就業規則完成後にすべきこと

2017/06/06