名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

セカンド・オピニオンも選択肢の1つと心得る

セカンド・オピニオンのメリットは2つ

「守れるかどうか」を基準に、「法律で決まっている」かを、1つ1つ確かめていったとしても、それでも社労士に作成してもらった就業規則でいいのか、不安があるのであれば、他の社労士に見てもらうのも手です。

いわゆるセカンド・オピニオンですね。

セカンド・オピニオンのメリットは2つ。

1つはより高いコンプライアンスレベルが保てること。社労士といえども人間ですから、規定を書き間違えている可能性も否定できません。よって、他の社労士に見てもらえば、そうしたうっかりミスによる法律違反をさけることができます。

もう1つは、最初に頼んだ社労士が持ってない引き出しを、セカンド・オピニオンを頼んだ社労士が持っている可能性があること。例えば、マイカー通勤規定や自転車通勤規定、PC取扱規程などは法律に定めのない部分なので、就業規則に取り入れてない社労士もいます。

ただし、セカンド・オピニオンで確実に見込めるのはコンプライアンスレベルの上昇だけで、「引き出し」についてはセカンド・オピニオン先の社労士が持ってるとは限りません。

1人や2人ならまだしも、不安だからといって、4人も5人も別の社労士にセカンド・オピニオンを求めても、最適な就業規則の作成に必ずしもプラスになるかといえばそういうわけでもないのです。

 

必読!失敗しないための就業規則作成マニュアル一覧

就業規則を作成・変更すべきか迷っている方へ

就業規則作成・変更のために準備すべきこと

いざ就業規則作成・変更開始! で気をつけること

就業規則完成後にすべきこと

2017/06/06