名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

川嶋事務所はあなたの会社にとって最適の就業規則を作成します

川嶋事務所はあなたの会社にとって最適の就業規則をこう作る

そもそも、会社にとって最適な就業規則とはなんでしょうか?

それはズバリ

「会社が守れる就業規則」

これに尽きます。

では、会社が守れる就業規則とはなにかといえば、みなさんの会社にとって適切なランニングコスト(維持費用)の就業規則に他なりません。

会社の規模から言って、守るのが面倒であったり、守ることに無理のあるような就業規則では、就業規則を尊重するような労働者はすぐにいなくなり、棚の隅に眠ることになってしまいます。

川嶋事務所では、

  1. 企業風土に関する徹底的なヒアリングを行い
  2. 経営者の方の要望を存分に取り入れた上で、
  3. 会社の規模とランニングコストから逆算した、

あなたの会社にとって最適の就業規則を作成します。

 

川嶋事務所が考える就業規則を作成する目的

  1. コンプライアンス(法令遵守)
  2. 社内ルールの整備
  3. 不法行為に対するリスク回避

会社を元気にしたり、労働者を元気にする、というのは就業規則の役割ではないと名古屋の社会保険労務士・川嶋英明は考えています。

就業規則が担うべき役割は、会社のコンプライアンスと、労働者の不法行為によるリスク回避、この2つであり、会社を元気にする、というのは会社の制度で行うべきことです。

 

就業規則なんて誰が作っても一緒なんじゃないの?

そんなことはありません。就業規則にランニングコストの概念を取り入れる、というのは、社会保険労務士川嶋事務所の川嶋の独自のアイデアであり、就業規則を構造的に理解する方法もまた同様です。

世の中には「会社を守る就業規則」を売りにする社労士事務所は多いですが、会社を守る就業規則は「会社が守れる就業規則」でなければなりません。

そして、会社が守れる就業規則を作成するには、就業規則にランニングコストの概念が必要です。

よって、「会社が守れる就業規則」を作成できるのは当事務所だけだと断言します。

 

就業規則の作成は川嶋事務所にお任せください

 

所長ブログから就業規則の関連記事

守れない就業規則は紙切れになる

就業規則にランニングコストの概念を

労務の現場と就業規則を上手く照らし合わせるための構造的理解法1.仕分け編

 

2016/06/14