名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

健闘のヒュルケンベルグといないも同然のグティエレス

2016/04/20

後半戦のスタートにしてヨーロッパラウンド最終盤であるスパ・モンツァを、他を圧倒して勝ってしまったレッドブル。

まあ、スパもモンツァも特殊なサーキットで専用パッケージが必要になることを考えれば、そこにお金が使える資金のあるチームが強いのは当然といえば当然。フェラーリがそれなりに速かったのも頷けます。

逆に今最もお金のないどん底チーム・ザウバーのヒュルケンベルグが予選3位、決勝5位に入ったのは、特殊パッケージの出来というよりはあのマシンのポテンシャルがモンツァ向きだったのかもしれません。マシン発表時に周りを驚かせたあの小さなサイドポンツーンなんか見るからにドラッグ少なそうだし。

頑張ったヒュルケンベルグと比較すると、新人グティエレスは全然ダメダメ。コーナーが少ないがゆえにドライバーの腕の差が出やすいモンツァでチームメイトにここまで差を付けられ、おまけにシーズンを通して未だにノーポイント。にも関わらず、シート喪失の噂も出てこないため、成績面でもゴシップ面でもまったく話題にならない。彼を見ているとお金の力は偉大だなあと思わざるを得ません。まあ、マシンを壊さないだけ新人時代のペトロフやマルドナードよりマシかもしれませんが。

次はシンガポール。来年からバーレーンもナイトレース化することもあり、シーズン唯一のナイトレースという肩書は今年で終わりですが、市街地でのナイトレースはやはり格別。

チャンピオンシップはもう殆ど終わったも同然ですが、これからは1つ1つのレースを楽しんでいきたいと思います。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。