名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

伝統の一戦で起こったサドンデス

2016/04/20

いやー、酷いレースでしたね。いや、酷かったのはタイヤですが。

それでもピレリを擁護するなら、現代F1の開発スピードがあまりにも速すぎるということでしょうか。特にDRSの開発は、過去の2年間ではDRSを使ってもほとんどオーバーテイクが見られなかったスペインGPや今回のイギリスGPで、今年は頻繁にオーバーテイクが見られました。それに何と言っても今年のF1イギリスGPの予選では、DRSの使用が今年から制限されたにもかかわらず、コースレコードが出ていますしね。

そうした中で最新のマシンを使ってタイヤ開発が行えないハンデは相当大きいのでしょう。ピレリがタイヤテストでメルセデスが今年のマシンを使ったことを黙認する気持ちもわからないでもありません。

それにしても今回のレースはウェバーの言葉を借りればロシアンルーレットのようでした(僕もレース中のツイッターで同じ事をつぶやきましたが)。なにせ、今回タイヤバーストの被害にあったハミルトン、マッサ、ベルニュ、グティエレス、ペレスの5人のチームがそれぞれバラバラでしたからね。チームやマシンに責任がないことは明らか。ドライビングによる影響は多少あるにしても運試しの要素が強すぎることは明らか。

それでも、救いがあったとすれば、2回目のSC後のバトルでしょうか。

ヴェッテルのリタイアによって導入されたSC。それを見るなりピットに入ったドライバーとそのままステイアウトしたドライバーで明暗分かれました。アロンソやハミルトンはタイヤの新しさを生かして怒涛のオーバーテイクショウ。逆にライコネンはなぜステイアウトしたのか・・・。あのステイアウトでトップを奪ってそのまま行く算段だったのかもしれませんが、ニコのピットインタイミングが良かったために不発に終わりました。まあ、自分たちのマシンのタイヤの持ちの良さを過大評価していただけかもしれませんが。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。