名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

メルセデストレインがレースをかきまわす

2016/04/20

3戦連続のPPを獲得し、フロントローを独占したメルセデスでしたが、結果はロズベルグ6位、ハミルトン12位と散々。ダイムラーの役員が不機嫌になるのもわからないでもありません。

ただ、いちF1ファンからすると彼らがグリッドの前を押さえてくれることは悪いことではありません。

現状、レースで勝てる力があるのはアロンソ、ヴェッテル、ライコネンの3人だけです。ですが、レース序盤は彼ら3人の前に必ずといっていいほどメルセデスのマシンがいます。

メルセデスのマシンはレース序盤のペースは壊滅的に悪いですが、バルセロナのようなコースだとDRSを使っても簡単に追い抜けるわけではないので、彼らの後ろにはマシンが連なることになりチャンピオンたちの接近戦を誘発してくれます。また、かれらのおかげでPPのマシンが序盤にリードを築いて「はい、おしまい」といったレースも少なくなります(まあ、一度メルセデスの前に出てしまうと、中国のアロンソやバーレーンのヴェッテルのように勝てるマシンは独走状態になってしまうのですが)。

なので、非常に勝手な話ですが、私はメルセデスは勝たなくてもいいから、予選やレースではなるべく前の方にいてほしい。次のモナコは究極的に抜けないコースなので、間違いなくメルセデスがレースのキーを握るはずです。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。