名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

アクセス結果

【上り】「名古屋のブロガー社労士の日記」2018年7月のアクセス結果について【調子】

2018/09/03

先月から復活した本ブログのアクセス結果の公表記事ですが、今回は2018年7月の結果を公表したいと思います。

早速こちら。

平日のアクセス数は3000前後まで増えており、数ヶ月前までの2000を超えるか超えないか、といった低迷期を脱した感があります。

ちなみに、今月の最高記録だった7月19日は、こちらの記事が1日で800以上のPVを稼いでくれました。

意外と難解な働き方改革で義務化される会社による年次有給休暇の時季指定を解説(追記あり)

この日はヤフーのトップニュースで年次有給休暇に関する記事が上がっていたので、それをきっかけに関連ワードで検索してくれた人が多かったようです。

また、今年の7月は災害の多い月でしたが、災害が多くなるとこちらの記事のアクセスも増えます。

台風や大雪による「帰宅命令・帰宅指示」と休業手当の関係を解説

なかなかに手応えのある月にはなったものの、肝心の初の著書発売日前後にブログ記事を更新できなかったのは反省点ですかね。

働き方改革法の成立以降、働き方改革に関連した記事自体はかなり読んでもらえたので、ブログを通じての著書の宣伝はそれなりにできたと思うのですが、なまじっかアクセス数があるものだからちょっと甘えてしまいました。重ね重ね反省。

8月はお盆があるので7月ほどのアクセスは正直見込めないと覚悟してますが、記事の更新頻度はなんとか上げていきたいですね。

今日のあとがき

というわけで、拙著「「働き方改革法」の実務」が発売されてから初めてのブログ更新はアクセス結果の公表記事となりました。

というか、前回のアクセス結果と今回のアクセス結果のあいだで2つしか記事を公開できてないとか・・・。

今後はもう少し頑張ります。

ちなみに本の方は、おかげさまでAmazonの「労働法」&「ビジネス法律」カテゴリでランキング1位を獲得。

密かに狙っていた「Amazonランキング1位」の実績を解除することができましたが、これからも引き続きよろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。