【書評】平成デモクラシー史 - 名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

書評

【書評】平成デモクラシー史

2018/05/25

新書なのですぐ読めるかと思ってたら意外にもボリュームがあって、読もう読もうと思ってはいても後回しにしていたこちらの本をようやく読み切りました。

電子書籍で買うと、買う前に本のボリュームが予測できないのはちょっとした難点かもしれません。

といっても、AmazonのKindleで買う場合、購入ページに「紙の本にすると○○ページ」という表示があるので、今回はそれを見落としてたわたしのミスですが。
本書は平成元年前後から昨年となる平成29年までという、平成の政治史をまとめたもので各年代の政治家たちの権力闘争や政策、政権交代などが時系列に沿ってまとめられています。

特に時の首相たちがどういった経緯でその地位に就き、その期間中に何を成し、そして追われていったかについてはかなりの筆が割かれており、その結果、、この平成の30年のあいだに政治や権力を巡るルールがどのように変遷していったのかがわかる内容となっています。

わたしは1985年生まれで、きちんと日本の最高権力者として首相を認識したのが細川護熙首相でした。

その後、政治のことがなんとなくわかるようになってくるには第二次橋本内閣の末期もしくは小渕首相の頃まで待たないといけませんが、いずれにせよ、本書で書かれてることのほとんどは自分が成長し大人になっていく過程で見ていたニュースばかり。

言い換えれば、わたしの世代直撃ともいえる政治史を駆け足ながら振り返り、その裏側を解説してくれるわけです。

おかげで、出てくる部署や人名の多さの割に、わたしにとっては興味がそそられ読みやすく感じました。

そう言ったわけで本書は、わたしにとっては世代直撃の分、評価にボーナスがあるものの、それ以外の人たちにとっても過去の小泉会改革や、民主党政権の混乱の裏側、さらには現在の安部一強政治に至る流れをつかむ上で本書は最適かと思われます。

また、これだけ事実だけを淡々と記述されると、ネットでよくある政治の陰謀論がいかに荒唐無稽かもわかるはずです。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。