名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

その他

YouTubeで全国社会保険労務士連合会のCMが流れる件について

(以上がお知らせ、以下から本題)

今日気付いたのですが、YouTubeで全国社会保険労務士連合会のCM?が流れるようになってますね(Twitterを見たら、結構前から流れてる人もいるみたいですが)。

ほーほー、連合会もようやくそういうことをするようになりましたかと、思って感心しかけたのですが、正直、ちょっといただけない内容。

いや、CMとして流れる動画の内容自体はまあ悪くないというか、別にいいと思うんですよ。

ただ「CM」として見ると、ちょっといただけないかなあ、と思ったわけです。

 

動画の内容自体に文句があるわけではないのです

というのも、今YouTubeでCMとして流れてる動画って、連合会が作ったこちらのページのスペシャルムービーという扱い。

職場や働き方の悩み、社労士がチカラになります。

連合会のYoutubeチャンネルで公開されているもの。


見てもらうとわかるとおり、社労士はこういうときにも力になれますよ、というショートムービーなわけです。

その内容に文句は言いません。

内容を鑑みるに、企画した人も社労士は企業の味方、みたいな世間の偏った見方を変えたいという思いもあったのでしょう。

その心意気やよし(なぜか上から)

1か月で24万再生だってなかなかできることではないでしょう(CMで流してるからだろうけど)。

ただ、繰り返しになりますが「CM」としてはいただけない。

 

動画CMはスキップされる運命

わたしはYouTubeを子守歌にしながら寝るくらいには、YouTubeその他動画サイトのヘビーユーザーですが、動画やストリームが始まる前のCMってかなりのイライラポイント。

なので、基本、CMは最速でスキップします。

おそらくわたし以外の人もたいていはそうでしょう。

で、YouTubeのCMってその多くは「5秒」でスキップできるものと「15秒」でスキップできるものとに分かれてます(たまに30秒のもありますが)。

なので、最近のネット動画CMはこの「5秒」ないし「15秒」の間に、いかに情報を詰め込むか、あるいは見てる人の印象に残るようなことをするかを重視する傾向にあります。

 

目玉焼き

で、連合会のCMなのですが、こちらのCM「5秒」でスキップできてしまうのですが、「5秒」の間、画面に映ってるのはほぼ「目玉焼き」

社労士のCMなのに、おまえは何を言ってるんだと思うかもしれませんが、本当に「5秒」の間、映ってるのは基本「サニーサイドアップ」

一瞬、コンロの火も映るので、見ようによっては消防署の防災動画にも思えなくない。

こんなんじゃ広告料がもったいない、とかそういうことを言う気も別にないんですが、でも、CMとしてみたときに、一目見ただけの人には社労士のことが印象に残らないのはどうなのだろうかと思った次第であり、ちょっと苦言を呈すべくキーボードの上に指を走らせた次第です。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。