名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

炎上

ブログを炎上させたくなかったらTwitterを始めよう、という話

年始からありがたいことに忙しいですが、おかげでブログの更新がピンチで、今、夜7時半だ…。

それはさておき、今さらですがこちらの本を読みました。

炎上対策に力を入れてる弊所ではあるので、読むだけでなく、研究のため、今後も何度も読むことになると思いますし、ブログのネタにすることも複数回あるでしょう。

 

ネット炎上の4割はTwitterから

で、こちらの本、興味深いことがいくつか書いてあって、その中で今回取り上げるのが、炎上する場所です。

本書によるとネット炎上のうち約40%はTwitter上で起きているそうです。推移としてはTwitterが普及し始めた2008年以降2012年まで右肩上がりでその割合を広げ、現在はほぼ横ばいという状況。

いずれにせよ、Twitterと並んでSNSの代表格であるFacebookでの炎上が数%台であることを考えると、Twitterはより炎上しやすいSNSであることがわかるでしょう。

(Twitter、Facebook以外は「その他」と表現されているが、そこには2chなども含まれている)

では、Twitterをやらなければ炎上事件を起こすこともないのか、といえば、必ずしもそうではない気がします。

わたしは逆に、炎上事件を起こしたくないのであれば、とりあえずTwitterをやってみることをオススメします。

 

Twitterをやってればイヤでも炎上は目にする

なぜかというと、Twitter上では気がつくとどこかで炎上しています。

トレンドなんかに見慣れない単語があると、だいたいアニメかソシャゲです(笑)。

炎上じゃないのか、って話ですが、その次ぐらいには炎上事件に関するものですかね。

で、そうした場にいて週に1~2回、プチなものも含めて炎上事件を繰り返しみていると、炎上になりそうなワードとか内容がだいたい察しが付くようになります。

要はTwitter民はどういったことに反応して炎上させるか、ということがわかるわけです。

例えば、労働問題が起こった際のTwitter上での反応は、ほぼほぼ労働者側に寄ったものになります。

世の中、労働者の方が多いんだから当たり前ですけどね。

 

炎上社労士の件を振り返る

逆に、そういうことがわかってなかったのが、もう一昨年のことになりますが、炎上社労士の例の鬱病ブログだと考えています。

件の社労士はFacebookはやっていたみたいですが、Twitterはやってなかったようです(記憶違いだったらごめんなさい)。

この時点でTwitterをやっていなくても、炎上事件を起こす可能性があるのは明確です。

で、先ほど述べたように、労働者寄りの世論形成がされているTwitter上では、ブラック企業と呼ばれる会社対してはかなり攻撃的で辛辣。

わたしももう6~7年Twitterやってるので、ブラック企業問題なんかは結構慎重に呟きます。

そういったTwitter上の空気がわかっていれば、普通はあんなこと書かないわけですよ。

なので、ブログその他ネットメディアで炎上させたくなかったらTwitterは必修科目というのが結論。

そうは言っても、自分が何かの拍子に炎上事件を起こすかもしれないと不安の方は、呟かなければいいだけの話。

その上で、自分の好きな芸能人をフォローするのもいいですが、同時にトレンドなどを追って「普通のTwitter民」様々な反応を知る、というのが重要です。

 

今日のあとがき

Twitterのステマしたい記事ではないのだけ、ここで言っておきます(笑)。身売りとかで、システムが大きく変わったりすると結構困る人ではあるんですが…。

それはさておき、ニュースとかでもTwitter発の炎上事件が報道されたりしますが、それだけでは意外とわからないこともあるんですよね。

新聞やテレビでは何百とかの呟きを紹介するのって無理があるし。

だから、とりあえずやっておく、というのは重要だと思いますよ。

あと、この記事は、もちろん、Twitterをやってればブログを炎上させることはない、みたいなバカみたいに単純な話ではないのでご注意を。

 

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。