名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

社労士業務

東京に出張してました Part6 横浜で10年ぶりの再会篇

2016/06/17

前回の続きです

後ろ髪の抜け毛を気にしながら

秋葉原をいろいろな意味で堪能した後、後ろ髪をひかれつつ、というか、短髪のわたしにはひけるだけの後ろ髪が殆どないため、ほとんど後頭部を鷲掴みにされていたのですが、それでもなんとか、お昼ごろにはメイドさんがケチャップでハートの形にトッピングするオムライスを食べることもなく、秋葉原を脱出。

JRの電車に1時間ほど揺られ、わたしが向かったのは横浜でした。

 

わたしが高校を辞めた後のお話

事務所ホームページのわたしのプロフィールにも書いてあることですが、わたしは高校を1年で退学し、その後大検(現・高認)を取得し大学受験の勉強をはじめました。
大検自体は独学で割りと簡単にとれたのですが、大学受験に関してはそれもなかなか難しいのでは、ということで、親のすすめもあり、河合塾COSMOという大検の予備校にわたしは通いはじめました。
なぜ、大検取得後に大検の予備校に通い始めたかといえば、河合塾COSMOでは大検対策だけでなく、その後の大学受験対策も行っていたからです。また、河合塾COSMOにはフリースクール的な側面もあり、普通の授業の他にゼミ形式の授業が充実していたり、当然、自分と似たような境遇の同年代の人間がそこには多くいました。
そんな河合塾COSMOで、わたしは普通の人でいうところの高3と一浪に当たる2年間を過ごし、そのほとんどを遊び呆けていたのですが、その当時、非常にお世話になった方が今、横浜に住んでいて、わたしはその方に会いに行ったというわけです。

中華街で飯を食うの巻

 で、その方、って、その方その方とこの後も延々書くのは読みづらいのでここからはNさんで統一しましょうか。
Nさんは現在、横浜の中華街にほど近い、いわゆるドヤ街として有名な寿町でお仕事をされており、その日も午前中はお仕事だったため、待ち合わせは中華街からも寿町からも近いJR石川町駅。
華やかな中華街とドヤ街である寿町がこんなにも近くにある、というある種の特殊性も含めて、Nさんは、中華街はもちろんのこと、寿町の案内をしたかったそうなのですが、そこまでやっているとその後のスケジュールに支障がありそうだったので、結局は中華街だけに。
中華街ではNさんが予約してくれた、中華風レストランでも、日本の味付けで中華を作ってみました的なお店でもない、立派な中華のお店で、旨い中華料理に舌鼓。
 
ん? 誰だ、さっきオムライス食べたいとか言ってたバカは!
また、メールやFacebookなどのやりとりはあったものの、Nさんと直接会うのは10年ぶりで、積もる話ならいくらでもありまくりな感じで、時間も忘れて昔話や今話を延々としゃべり合ったのでした。
今回はここまで。
ちなみに、わたしがご飯をごちそうになったのはこちらのお店。
いやー、食べてるときは知りませんでしたが、あとで調べてびっくり有名なお店だったんですね。Nさんに感謝です。
The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。