名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

社労士業務

東京に出張してました Part4 超大物社労士の先生にご挨拶篇

2016/06/17

前回の続きです

お台場合衆国からエクソダス

結局、お台場には、日本科学未来館の見学をしたり、等身大ガンダムを見たり、お昼ごはんを食べたりで、それでも午後の2時半ぐらいには再びユリカモメへ。

そして、いろいろと電車を乗り継ぎ、東京駅に降り立ったわたしの腕時計の針が刺す時刻は午後の6時。 

って、あれ?

・・・、いったい何があった!!!!!

なんなんだ空白の3時間半は!

って、大騒ぎして見せましたが、まあ、さっさと種をばらすと、単にお台場へ行った後は秋葉原に行ってただけなんですよ。で、秋葉原には次の日の朝にも行っている(!)ので今回は割愛。次回以降、秋葉原編にでもまとめて書こうかと思います。

仕事だってしてました

で、話は戻って、名古屋から東京にやってきて以降、仕事100%のおのぼりさん丸出しで観光を続けるわたしが、なぜ東京駅なんて言うバリバリのビジネス街に赴いたかというと、こちらのセミナーに出席するためでした。

『第1回ICONICインドネシア・ベトナム就職、転職セミナー』

ベトナムやインドネシア日本人を人材派遣などを行っている会社のセミナーで、まあ、私自身は向こうで働くどうこうよりも、社労士として東南アジアの情報も集めておいたほうがよいかなといった感じで参加したのですが、そんなわたしでも東南アジアで働くことにワクワクさせられるような内容で、なかなかに満足度の高いセミナー参加となりました。

…、まあ、ただ、このセミナーに参加したのにはもうひとつの目的がありました。

それは東京の超大物社労士である佐藤広一先生にご挨拶すること。

佐藤先生との意外な繋がり

実を言うと、佐藤先生とは今年の2月にとある勉強会での名刺交換をきっかけに、Facebook上の友達になっていただいていました。

ただ、Facebookの友達って、現実の友達とは違うことはFacebookを使っている人なら誰もがわかっていることでもあります。特にわたしのように半分仕事を兼ねて使っている場合は。

まあ、なので、ぶっちゃけ、こんなの単なる名ばかりの友達だよなあと内心思っていたのですが、その後、なんと佐藤先生からFacebookでメッセージを頂く機会が!

それによると、なんでも、佐藤先生は社労士として開業したばかりのときにわたしの叔父の本をよく読まれていたとのこと。

…、これは、いかん! と思いましたね。

なにせこっちはFacebookで友達申請するときに、東京の先生だし有名な先生だしで、まあ、早々お会いすることもないかなあとか、次会ったとしても忘れられてるんじゃないかなあとか思って、結構雑に友達申請してますからね!

なので、なんとかもう一度お会いしてご挨拶しなおさなければ、と思っていたところに、これまたFacebookから、佐藤先生がこのセミナーに参加されることを知ることができたわけです。このセミナーの翌日である5月17日に東京に行くことはかなり以前から決まっていたので、これを見たわたしは東京への前乗りを決めました。

で、まあ、なんやかんやでご挨拶自体はつつがなく(さすがにちょっと驚かれていましたが)済ますことができ、とりあえず自分の中では一安心。それだけでなく、セミナー後は駅までの道のりを一緒に歩きつつお話をさせていただくこともでき、短いながらも非常に有意義な時間を過ごすことができたことを、この場を借りて佐藤先生に感謝。

充実した気分のまま、その後は予約していたホテルへ無事到着。

したわけではないのですが、そちらは毎月うちの事務所で発行している事務所新聞のネタなのでここでは割愛。

と書くと、なんだかすごいことが起こったみたいですが、そういうわけでもないのでご安心を。

 

ではPart4はここまでです。

佐藤先生の最新刊はこちら

ついでにわたしの叔父の本もよろしければ

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。