名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1 IT

F1勢がDAZN(ダ・ゾーン)を完全F1目線で評価する

2016/10/07

dazn

DAZN

昨年まででフジテレビがF1の独占放映権を手放したため(現在、CSで流してるのはライセンス契約みたいなもの)、フジテレビネクストSmartでF1を観ることができなくなりました

わたしの部屋、テレビがないため、ネット配信でF1が観られるこのフジテレビネクストSmartは結構ありがたい存在だったんですけどね…(過去にめっちゃ不満の記事書いてるけど)。

スカパーオンデマンドならネットで観られなくもないけど、スカパーオンデマンドで観るにはスカパーと契約しないといけなくてちょっと面倒。

一方、観たいと思ってるF1はF1で、ここ数年のメルセデス勢のあまりの強さに辟易、応援していた可夢偉もいなければ、マクラーレン・ホンダもイマイチで見るモチベーションも…。

というわけで、まあ、もういいか、という気持ちで今年はF1を見ていませんでした(ネットで結果を見るくらい)。

今年は2008年にF1を見始めてほぼ初めての、F1なし生活だったわけですが、突然「黒船」がやってきました。

 

その名はDAZN

黒船の名は「DAZN(ダ・ゾーン)」。

F1に限らず、サッカーや野球、テニスやバスケットといった主要スポーツのライブ中継を月額定額で見放題できるサービスです。

配信されているスポーツは以下のサイトが詳しいですが

スポーツ専門ライブ動画サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」上陸。日本のスポーツも中継し月額1750円

すでに述べたF1の他、アメリカ4大スポーツのうちNHL以外の3つや、海外サッカーだとドイツ・ブンデスリーガやイタリア・セリエAが観られます。

日本のJリーグの放映権を大型契約で購入したのも記憶に新しいですが、配信は来年からとなる予定。

で、このDAZN、実は1カ月の無料体験ができます。

NetflixやKindleUnlimitedなど、この手の無料期間には一も二もなく飛びつくのがわたし、社労士の川嶋(社労士関係ない)。

おまけに、この無料期間をうまく利用すれば、日本GPとシンガポールGPが観られる(ついでにマレーシアも)。

というわけで、早速無料体験してきたので、今回はその感想を、完全F1目線で書いていきたいと思います。

 

① 値段

DAZNは月額1750円(税別、税込みは1890円)。

フジテレビネクストSmart時代は月額1200円(税別、税込みは1296円)だったので、ネットでF1観てた勢からすると、ちょっと高くなります。

ちなみに、スカパーでフジテレビNEXT ライブ・プレミアムに契約すると、スカパーオンデマンドでF1が見られますが、この場合の料金は基本料金込みで1717円(税込み)。

スカパーはこれに新規加入料がかかりますが、いずれにせよDAZNの料金はF1だけを考えると決して安い、というわけではないですね。

ちなみにのちなみにですが、DAZNを1890円で様々なスポーツが観られる、と考えればスカパーのスポーツパックに加入するよりはかなりお得です(スカパーのスポーツパックは2916円+基本料金)。もちろん、観たいものがなければ価値はないのでしょうが。

 

② 実況・解説陣

実を言うと、フジテレビネクストSmart時代の最大の不満点が実況でした。

解説陣の川井ちゃんや森脇さんはいいのに、実況アナウンサーの知識不足に毎回イライラさせれていたので。

DAZNのF1中継にもきちんと日本語の実況・解説が付きますが、当然、フジテレビ関係の人ではありません。

シンガポール決勝の実況はラジオDJのサッシャ、解説は元F1ドライバーの中野信治でした。

中野信治氏の解説は正直微妙というか、最近のF1にちょっとうとそうな感じでしたが、サッシャ氏の実況は滑らかでかなり安定感があって好感触。

なので、実況はDAZNで、解説はフジテレビネクストSmartだと凄くいいんだけど、なかなかそううまくはいきませんよね(フジテレビが完全にF1から手を離せばワンチャンあるかもしれないけど)。

 

③ その他

フジテレビネクストSmartの見逃し配信が1週間だったのに対し、DAZNは1ヶ月は残るらしいです。

また、画質に関してはどちらもフルHD配信まで対応しているので、後は観る側の環境の問題ですね。

DAZNだと動画がカクつく、という話もありますが、わたしの環境の場合(Win10、GoogleChrome、有線接続)、少なくともこのあいだのシンガポールGPではそういうことはありませんでした。

個人的に、DAZNで不満なのはインターフェイスで、配信画面にマウスを合わせると、画面全体が暗くなるのが嫌。

Amazonのプライムビデオも同じ仕様なんだけど、YouTubeやニコニコみたいに、画面下にスライダーだけ出してくれる方がわたしは好きです。

 

以上です。

F1だけに絞ったので、割りと簡潔な内容になりましたね。

 

今年に関してはもうメルセデスのどっちかがタイトル取るのがわかりきっているので、無料体験の1ヶ月で取り敢えず終わるつもりですが、インターフェイス以外で大きな不満もなし。

来シーズンに関してはマクラーレン・ホンダの調子次第では、有料加入してもいいかな、と思えるサービスでした。

 

追記:全然気づかなかったけど、DAZNはラグが1分くらいあるらしいです。有料のライブタイミングとか使ってる人からすると、ライブタイミングと映像のズレやライブタイミングからのネタバレが気になるかもしれませんね。

F1ガチ勢だった頃はわたしも有料のライブタイミング毎年買ってましたが、カジュアル勢になった今年は買ってなかったので気づきませんでした。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載。