名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

その他 社労士業務

「社労士の地位の向上」という寝言

2016/04/20

よく社労士同士の集まりなどで、社労士の偉い方々がご挨拶をなさるとき、

その中で、必ずといっていいほどよく使われるフレーズがあります。
それは、
「社労士の地位の向上」
その言葉の後ろには、そのためにみんなで頑張りましょう、
みたいな言葉もつきますが、まあ、今回はそれはいいです。
「社労士の地位の向上」

よくよく考えてみるとおかしな言葉です。

黒人や女性、あるいは在日外国人の
地位の向上を謳う人々や団体は世の中にたくさんあります。
歴史上、実際に差別され、今も根強い偏見や差別が残っていたりするので当然でしょう。

しかし、社会保険労務士試験は国家試験として行われていますし、
その結果取得できる社会保険労務士の資格は、当然国家資格です。

それに社労士の顧客はそのほとんどが企業の使用者、
平たく言えば社長の方々です。

そういった方々に認めてもらい顧問料をもらったりしているわけです。

にもかかわらず、社労士が地位の向上を求めるというのは、
まさに「寝言は寝て言え」。
社労士という人種はなんて傲慢なんだ、と言われても返す言葉がありません。

それでも、「社労士の地位の向上」を求める、のはなぜでしょう。

それも、社労士の資格を持つも、その恩恵をほとんどえられない新米の社労士ではなく、

開業社労士として成功している諸先輩方や、
社労士会等で上位の地位を得ている方々がそれを仰るのです。

つまり、それだけの成功を社労士として得ても、
彼らが社労士の地位は「低い」と感じているということでしょう。

では、なぜ「社労士の地位は低い」と感じているのか。

それは社労士登録して間もない新米には知るすべもない深くて暗い理由なのかもしれませんが、
でも、ちょっと心当たりがあるので、その辺のことを次回辺りに書きたいと思っています。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。