名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所です

公開日: 更新日:
HOME > ブログ > 労働法・各種制度解説 > 労働時間 >

Q5 社内行事や社員旅行の時間は労働時間となりますか?

A5 社内行事や社員旅行への参加が強制であれば労働時間になります

社内行事や社員旅行の性質社内行事とは

一般に社員旅行とは福利厚生の一環であるとされています。

一方、社内行事については会社によって、何を行うかは様々とはいえ、運動会やバーベキューなどであれば、やはりそれは福利厚生の一環といえます。

福利厚生の一環であるということは、それを行っている時間は業務を行っていないことになります。

よって、無条件で労働時間にはならない、ということになるかというと、必ずしもそうではありません。

 

労働時間となる場合

社内行事や社員旅行への参加が強制であり、参加しない場合に何らかの不利益がある場合などは実質的に「使用者の指揮命令下」にあるとされ、社内行事や社員旅行の時間は労働時間となります。

逆に、社内行事や社員旅行への参加が任意である場合は労働時間とはなりません。

ただし、社内行事や社員旅行の内容が、研修や研修旅行のように、参加しないことで実質的に労働者が不利益を被る可能性が高い場合、例え、参加が任意であったとしても労働時間とされます。

よって、事実上強制となる社内行事や社員旅行を行う場合、その時間の賃金が発生するので注意が必要です。

通常、こうした行事は業務のある平日ではなく休日に行われることが多いと思われるので、時間外手当や休日手当にも気をつける必要があります。