名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

IT その他

LINE MOBILEが打ち出した「MVNO+アプリサービス」の衝撃

2017/02/02

すべてのMVNOサービスを過去にする、とは言わないまでも、かなり衝撃的なMVNOサービスが昨日発表されました。

速報:LINEが月額500円からのMVNO事業への参入を発表——関連サービスの通信料は無料

SNSなどのアプリで有名なLINEがMVNO事業に参入する、というだけでも大ニュースなのに、その中身がすごい。

  • LINE関連サービスの通信は無料で使い放題
  • LINE電話の通信も無料で使い放題
  • LINE MUSICにかかる通信も無料で使い放題
  • FacebookやTwitterの通信も無料で使い放題 etc

ちなみに、価格は月額500円からとなってますが、パケットの上限や通話料金等についてはまだ未発表。ただ、そんなことはさておけるくらいすごい。スマホはLINEくらいしか使わない、って人ならもうこれで決まりといえるくらいすごいのです。

しかも、そうしたLINE依存、もとい、大好き層を主に狙うのであれば、現状のMVNOは仁義なき通信上限の開放と価格競争の流れが加速している中で、LINE MOBILEはある程度安ければ最安値である必要もありません。

そうした層は結局、パケット消費の大半がLINEなのでLINEの通信に制限がなくなれば、あとの上限はそれほど大容量のを選ぶ必要もないわけですから。

よって、株式会社LINEとしても、必要以上に価格競争を行う必要もないので、利益を確保しやすいと思われます。

すでに、この時点で、LINEのようなインフラ的なアプリを持たず、価格と通信速度と端末価格の割引くらいでしか他と差をつけられない他のほとんどのMVNO業者は涙目です。

 

LINE MOBILEでLINE MUSICは息を吹き返すかも

で、今回の発表で個人的に一番気になったのが、LINE MUSIC。以前の記事で、LINE MUSICについて否定的なことを書きましたが、こうなってくると話は変わってきます。

わたしはこれでGoogle Play Musicに決めました。定額音楽配信は音楽以外が決め手

わたし、初報で聞いたときはちょっと勘違いしていて、LINE MOBILEの加入者はLINE MUSICの月額そのものが無料になるのだと思っていました。

実際にはそんなことはなく、LINE MUSICで消費するパケットのほうが無料、つまり、使い放題ということらしいです。ちょっとがっかり、かと思っていたら、将来的には他の定額制の音楽サービスのパケットにも適用するとか! これまたヤバイ。

で、あと、これは個人的な推測の域を超えませんが、おそらく一定の月額以上のMVNOのsimを契約をする場合、LINE MUSICの月額そのものが無料となるプランがでてきてもおかしくない(というか、MVNOとLINE MUSICの同時加入パックとかは絶対にでてくるはず)。

 

そうなってくると、GooglePlayMusicやamazonのプライムミュージックと比べて付加価値がないんじゃないの? と思っていたLINE MUSICにMVNOという大きな付加価値が付くことになるのでは、と思うわけです。

 

定額サービスの行き着く先は高付加価値化

まだまだ、日本ではMVNO自体ののハードルが高いので、LINEの主なユーザーであるレイトマジョリティがどこまでLINE MOBILEを利用するようになるかは未知数ですが、こうした「MVNO+アプリサービス」という流れは今後どんどん進んでいきそう。

というか、定額音楽サービスなどが、どんどん音楽以外のサービスを行うようになっているように、定額サービスはその魅力を高めるためにどんどん高付加価値化していく運命にあるのでしょう。amazonのプライム会員は去年立て続けに動画や音楽を見放題聴き放題にしたし、GooglePlayMusicもYoutubeの有料会員向けサービスが追加料金無しで使えます(日本ではまだだけど)。

そうした流れが、ついにMVNOにもやってきた、というのがLINE MOBILEなわけです。

ただ、現在は、LINE以外に国産の国民的アプリやネットサービスがほとんどないので、結局はLINE一強という可能性もありますけどね。ただ、現在はMVNO業者がやや飽和気味なので、この夏のLINE MOBILEの登場は、そうした業者の淘汰のきっかけになるかもしれません。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。