その他

史上最悪(当自分比)の乗り物JR特急ソニック

2016年3月5日

土曜日なので、毒にも薬にもならないお話を。

先週、仕事の関係で九州の方に行っていたのですが、そこで乗ったJR特急ソニック。この電車、凄かったですね…。

わたしが乗ったのはこの白いソニックの方。

IMG_0520

 

青い方が格好いいので、こっちだといいなあ、と思っていたのですがかなわず。

で、内装はフローリングに、

IMG_0522

本革のシートと、

IMG_0524

内装だけなら、たぶん今までわたしが乗った電車の中でもかなり上位の豪華さだったんですがね…。

あのーですね、このソニック、もとい、こいつ(なぜ言い直した)、とにかく、とにかく、

揺れるんですよ。

揺れるって行ってもアレですよ、みなさんが思ってる揺れって線路の継ぎ目でガタンゴトン、とか言うレベルでしょ?

そんなレベルじゃないんですよ、この野郎の揺れは。

猛スピードでカーブを曲がっていくため、カーブの度に右へ左へと体を揺さぶるように横Gがガンガンかかるのです。

なぜに、そんなに揺れるかというと、このソニック車体の上と下で構造が分離していて、カーブでは上の部分を振り子の要領で車体を制御しているかららしい。要するにこの大馬鹿野郎は、揺られるんじゃない、揺れてるんだ、というわけ。

本当にねえ、はじめに内装のこと褒めましたが、前言撤回。単に、本革のシートでもないと乗り心地が最悪なだけじゃねえか。少なくとも名鉄電車の2人掛けシートレベルじゃ、隣の乗客とカーブの度に頭をぶつけ合うこと間違いなし。

しかもしかも、予約の段階で指定席を取れなかった上に、乗り継ぎの関係で自由席にも座れなかったわたしは、行きのほとんどを立ちっぱなしヒロシ(!?)で行く羽目に。そりゃあ、九州初日にしてわたしの体力消耗しまくりでしたよ。

今回の九州は大分・佐賀・福岡と行かせてもらって、どこもご飯がおいしかったのでまた生きたいと思うのですが、ソニックだけはお断りです。ていうか、九州新幹線に駆逐されろ。

名古屋のブロガー社労士の日記TOPへ戻る

良かったらシェアお願いします!

  • この記事を書いた人

社会保険労務士 川嶋英明

社会保険労務士川嶋事務所の代表。「いい会社」を作るためのコンサルティングファーム「TNC」のメンバー。行動経済学会(幽霊)会員 社労士だった叔父の病気を機に猛勉強して社労士に。今は亡くなった叔父の跡を継ぎ、いつの間にか本まで出してます。 3冊の著書のほか「ビジネスガイド」「企業実務」などメディアでの執筆実績多数。

-その他