名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

その他 育児休業

法律を守ることが結局は労働者を大切にすることにつながるという話

2016/02/20

土曜日なのでちょい短めです。

実はここ数週間は毎週のように、お客さまの依頼で、そのお客様が愛知県内及び県外の各事業所にお邪魔して、従業員向けのマイナンバーの説明会行っていました。ていうか、まだ終わってなくて、来週は1泊2日で九州の方に行ってきます。

で、そのときの一幕なのですが、滋賀の方の事業所で説明会を行ったとき、そこで働いている従業員に加えて、現在育児休業中の女性従業員の方がいらしていました(会社に呼ばれて無理無理来たというわけではなく、後日の自分だけのために説明してもらう手間を省いてもらうため、自主的にいらっしゃったようです)。

その方、育児休業中なので、現在の会社で行う仕事は特にないため、他の方々よりも一足早く、説明会会場の会議室にいらっしゃったのですが、今回の説明会で、わたしとともに行動してもらっている本社の総務の方との雑談の中で、

「○○さん(会社名)に入って本当に良かった」

とおっしゃったんですね。

自分の関与先で社員の方がそのようにおっしゃることは非常にうれしいことである一方、少し複雑な気持ちになりました。

というのも、その理由が、育児休業をきちんと取れるから、だったからです。

わたしのようにその手の法律に詳しい人間からすると、いやいや法律で決まってるんだから取れるのが普通なんだよ、と思ってしまったわけですが、ただ、その普通がなかなか普通になっていかない現実が日本の労働の現場にはあるわけです。

何事も、普通や当たり前になってしまうと有り難みがなくなってしまうので、そのことを言うと、その女性社員が感じている幸福度を下げてしまうのでは、と思い、その場では何も言いませんでした。その一方で、法律について何も知らない人が多いままでは、日本全体の法令遵守の意識は高まらないのでは、との葛藤もありました。

 

わたしは、日本の労働や社会保険に関する法律は厳しすぎる上に柔軟性がない、と、過去に何度もこのブログで批判しています。

ただ、それは裏を返せば、だからこそ、きちんと守っている企業というのはそれだけで、従業員の満足度を高められるのでは、と考えることもできます。

どこもかしこもメルカリのようにやれとは言いませんが、まずは法律をきちんと守るところから労務管理を始めるべきでしょう。

 

…、なんだか、短めの割には重めになってしまったので、どうしようもない、言わない方がいいんじゃないかという余談を1つ。

最近、Instagramを始めました。仕事使いする気は全くなくて、趣味用なのですが、自分の本能の赴くまま、きれいな女優さんやアイドルちゃんをフォローしまくったので、最近は彼女らの上げる画像をニヤニヤしながら見るのが楽しくてしょうがない、そんなわたしは今年で31歳独身です。

インスタグラム・マーケティング入門

わたしのようなプライベート利用ではなく商用をお考えなら、こういった電子書籍を読まれると良いかと(未読ですが)

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。