名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

IT その他 社会保険労務士

士業が無料ブログをやってはいけない理由が増えそう、という話

えー、先日、こんな記事を書きました。

社労士がライブドアでブログをやってはいけないたった1つの理由

詳しくは上記の記事を読んでいただきたいのですが、簡単に言うと「ドメイン被りする無料ブログで商用ブログを書いても意味がない」という話です。

この時点で無料ブログを使う価値はゼロより下、マイナスなわけですが、実は、それに追い打ちをかけるように、こんな噂があります。

Google Chromeが非HTTPSページに警告マークをデフォルトで表示する日は近い!?

 

httpとhttps

インターネットのウェブサイトのURLにはhttpで始まるものとhttpsで始まるものがあります。

両者の違いはそのサイトにSSL(厳密にはTLS)が入っているかどうか。

SSLというのはPCとサーバのあいだでかわされる通信データを暗号化する技術のことです。なので、当然、SSLが入っているサイトの方がセキュリティが高い、安全性が高いということになります。

そのため、Googleは検索エンジンを、httpsサイトを優先的に表示するアルゴリズムを導入するなど、https化を推進しています。

今回の噂というのは、Googleが無料配布しているブラウザ「Google Chrome」でURLを表示する際、httpのサイトについては警告マークをつけるよ、という話なのです。

 

httpのサイトが受けるデメリット

これにより、httpのサイトが影響を受けるかというと、Google Chromeの普及率が諸外国に比べて日本は低いことや、URLバーをまじまじ見る人というのもそれほどいないと思うので、その範囲は限定的だとは思います。

が、ふとURLを見ると

ssl

上の画像の位置に警告マークが付いてる、となると、そのサイトへの印象がよくないことは確か。

それでなくても、検索エンジン上はhttpよりhttpsの方が有利ときているし、とりあえず、今出ている噂はURLバーでの警告マークだけですが、今後はポップ等で「このサイトは安全ではない」と表示してくる可能性もあります。

 

無料ブログはすべてhttp

で、困るのは、日本の主要なブログサービスはどれもこのhttps化されていないこと。ライブドアもはてなもアメブロもココログもすべてhttp。

しかも、サービス利用者が勝手にSSL化することもできない。

また、ブログサービスを行う側からすると、httpsを導入することについてのコストもさることながら、httpからhttpsに変えてしまうと被リンクが別扱いになってしまうので、過去記事のバックリンクが無効になってしまいます。なので、サービス提供側も勝手には変えられない。

そもそも、ブログサービスを行う側は、そのサービスに参加するブログ管理者が記事を更新してくれれば、勝手にドメインの価値も上がっていきPVも増えるので、https化していないことへのペナルティと秤にかけても、わざわざ変更するとも思えない。

しかし、仕事として、仕事につなげようとしてブログ記事を公開する場合、たかだか警告マークといえども、訪問者の印象が悪くなるような表示は無視できません。

 

というわけで、Googleのhttps推しが今後も進んでいくことを考えると、無料ブログを使用しないことはもちろんですが、独自ドメインでウェブサイト等を運営する場合もSSLの証明書を入れた方が良いでしょう。

ちなみに、このサイトはサーバーを借りているXサーバーの独自SSLを入れており、きちんとhttps化しておりますので、申し込みフォームから、お仕事のご依頼等される際も、通信データは暗号化されるのでご安心を。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。