名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1 その他

ブログに書いたことは忘れない、と過去のF1記事を直しながら思った話

去年まで、スポーツナビプラスのほうでF1のある週末ごとにそのグランプリのレビューブログを書いていたのですが、業務の多忙や、わたしがF1を観る上での最大のモチベーションだった小林可夢偉が2015年のシートを獲得できなかったこともあり、ブログを書く気になれず、今年はずっと開店休業状態でした。

そちらのブログを一所懸命に書いてた当時は「日本一F1が好きな社労士」を自称していましたが、それももう返上。欲しい人がいたら誰か上げます。いないならとりあえずわたしが持っときますが(笑)

で、そんなブログだったので別にいつ消しても良かったのですが、事務所ウェブサイトやブログを今のWordPressに集約する際、もったいないおばけが怖くて、そちらの記事もすべてこちらに移行したのですが、どういうわけかいくつかの記事で日付がおかしい。具体的に言うと1970年1月1日なってしまっていました。

別に社労士のサイトで社労士のブログなんだからF1記事がそんなおかしなことになってても別にいいかとか思っていたのですが、レイアウトも狂ってるし直しとこうかと、最近はちょくちょく直しています。ただ、日付を直していると言っても、性格にスポーツナビプラスで投稿した時の投稿日や投稿時間に直すのは大変なので、その記事が扱っているグランプリの日付の翌日、というかたちに統一して直しております(時刻が全部0:00なのもそのせい)。

 

自分の記事で2013年と2014年のF1を振り返る

で、WikipediaのF1 2014年シーズンとF1 2013年シーズンの日程を見つつ、自分の記事の日付を直していくのですが、ブログに書いてるぶん、その時のレースのことをかなり覚えていたのが驚き。

焦り丸出しの走りのハミルトンがチャンピオンシップを面白くする(かも)

この記事書いてる時点では、去年のハミルトンとロズベルグはまだまだ互角だったよなあ、とか、

ケータハムの当面のライバルはザウバー

このときなんて、可夢偉の乗るケータハムのマシンが中団グループに追いつけると本気で思っていた。

でも、今年のF1は本当に記憶が無い。ただただ、メルセデスの快走と、「…」なHONDAだけが印象に残るだけ。今年についてはブログに記録もしてないから思い出すこともないかも。(実は見逃してるグランプリもちらほら)

だから、何でもかんでもブログに書くのが良いとは思いませんが(そんなのそれこそ個人の日記でやればいい)、ブログに書くことの意味を再発見したのでした。

 

御堂筋をF1が!

とはいえF1の愛がなくなったわけでは決してなく、その証拠となるかどうかはわかりませんが、この間の、日本で初めてF1が公道を走った御堂筋のイベントに行ってました。

公道周りの道路封鎖の手際の悪さなど運営上の不満な点はいくつかありましたが、フェラーリの赤いマシン(F2003-GA)がV10エンジンを唸らせ走る姿にうっとり。橋下市長も胸を張るように素晴らしいイベントだったと思います。名古屋でもぜひ!(ちょうどいい場所がちょっと思いつかないけど)

通行止めの看板に隠れてしまっていますが、道路の向かい側には実はマクラーレンの正規販売店があります(笑)。F1以外にもフェラーリの市販車のパレードもあったのですが、お店の人はどういう思いだったのか(案外楽しんでそうだけど)。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。