名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

見ていられなかったロシアGP

2016/04/20

青空ばかりが印象に残ってレースの印象が殆ど残らなかったロシアGP。なんか既視感があるなあと思ったら、そうだ今はなきバレンシアの雰囲気そっくりだったのだと、終わったあとに気が付きました。

ロズベルグの緊急ピットイン以外、ろくに見どころもなかったばかりか、可夢偉は可夢偉でチームからの不可解なストップ命令。本当にいろいろな意味で見てられないグランプリでした。

それでも無理やり話を引き伸ばすと、ニコとルイスの差がまた広がってしまいましたね。両者の間の実力で言うと、やはりルイスのほうが一歩リードしている感が開幕からありましたが、不運が重なったこともあり思わぬ接近戦となっていました。しかし、シーズンも終盤を迎えて、ようやくルイスが本領発揮できる環境が整うと、こうしてニコを引き離していくのだから流石の一言。ただ、ニコにしても今年はF1での初めてのタイトルをかけて戦っているシーズン、あと3レースまだ何が起こるかわかりませんし、どのような結果に終わったとしても来年につながることは間違いないはずです。

最後に、お願いだからバーニー、ストリートサーキットだけはティルケにやらせるのやめませんか。バレンシアだって超退屈、大失敗だったし、ストリートを意識して作ったアブダビだって退屈極まりないじゃないっすか。皮肉なことに、近年では珍しくティルケがデザインしなかったシンガポールが、現在ではF1に欠くことができない難コースとして浸透してるんだしさ!

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。