名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

頑張れビアンキ! 元気な姿で帰ってきてくれ

2016/04/20

前回のシンガポールでついにランキング入れ替わりハミルトンがトップに立つ一方、台風の接近や生放送中に川井ちゃんにぶち切れられたことで有名なフジテレビの小穴のF1実況復帰など、レース前から波乱を予想させる要素が多数あった今回の日本GP。なのですが、ビアンキの酷い事故によりなんとも後味の悪いグランプリの結末となってしまいました。
なんでしょうかね、こういうときはあまりブログを書こうという気にもなりません。それに、
【日本GPの焦点】ビアンキの重大事故は回避できなかったのか(リンク切れ)
上記の今宮雅子さんの記事にもあるように、これだけ良くないことが複合的に重なった事故においては犯人探しや事故原因の安易な断定は意味が無いどころか、アイルトン・セナ裁判のような無用な混乱を招くだけでしょうしね。
とにかく今、心から思うことは「頑張れビアンキ! 元気な姿で帰ってきてくれ」それだけです。
少しだけ別の話をさせてもらうとヴェッテルのレッドブル離脱には驚かされましたね。噂はあったけれでも、かなり信ぴょう性が低いだろうと個人的に思っていたからです。
これにより、今季のストーブリーグが大きく動くのは必定。そして、今、その渦の中心にいるのがアロンソなのだから、アロンソファンのわたしとしてはその動向が気になってしょうがない。風のうわさによると1年間の休業までありうるなんて話も出ていますが、可夢偉の来季(今季もそうだけど)が不透明な今、アロンソまでいなくなったらF1を観戦するモチベーションもかなり下がってしまうので、できるだけ早く「噂のあのチーム」との契約が発表されてほしいものです。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。