名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

下位のレベルの低いドライバーにイライラ

2016/04/20

栄京学園高校の小倉みたいな感じ(あだち充のH2を参照)でイタリアGPでの出番の回ってきた今回の可夢偉。シンプルなレイアウトでエンジンパワーがモノを言うモンツァですが、同時に数少ないコーナー処理で如実にドライバーの差が現れるサーキットでもあります。
そうしたサーキットで予選で決勝で、チームメイトは当然のこと、マルシャの2台を抑えてフィニッシュしたのは流石の一言でした。
ただ、これだけ活躍した可夢偉も次戦のシンガポールでは欠場が濃厚。欠場したからって「スコアブックでもつけてろ」(あだち充のH2を参照。2回目)とコリン・コレスに言われることはないでしょうが、それでも可夢偉が走れないことに関して納得するのは難しい。新代表が2ヶ月で辞任したケータハムに今やF1を走らせる資格があるかも疑問があるとはいえ、可夢偉よりも1秒遅いエリクソンのシートは保証されているのだから。
いや、エリクソンだけではない。チルトンにしろグティエレスにしろ、下位チームの若手とはいえF1を走らせる資格があるように到底思えないドライバーが今のF1には何人もいる。にも関わらず、本物のF1ドライバーである小林可夢偉がF1に乗れないことに、今回のグランプリでは本当にフラストレーションがたまりました。
F1が単なるスポーツではなく、政治やマネーが複雑に絡むエンターテイメントであることは、F1観戦を始めた初期から重々理解はしているつもりです。特にマネーに関しては、それがあったからこそ過去の日本人ドライバーがF1を走らせることができたこともわかってはいます。でも、それでも、と消化しきれない思いを抱えながら、でも、それでも、リカルドやボッタスといった次代を担うであろうドライバーが活躍を楽しんでいるうちに今年のイタリアGPは終わってしまいました

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。