名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

あんな酷い走りをするロズベルグは(たぶん)初めて見た

2016/04/20

F1後半戦の開幕を告げるベルギーGP。
個人的には、F1マシンがオールージュを駆け上がる姿は、モナコの街をF1マシンが疾走する姿とシンガポールのナイトレースと並んで、1年のF1シーズンのハイライトかなあなんて思っています(日本GPはこの3つとはまた別カテ)。
それに加えてベルギーにはスパウェザーがあるので、レース前の期待感はかなりのもの、・・・だったんですが、噂はあったものの可夢偉がレースの直前にケータハムのシートを喪失。ただ、正直に言えば、序盤のフライアウェイ以降、ケータハムというチームのあまりの雑魚さに見てられない部分があったので、ロッテラーの出走の決定にはある種の安堵感すらありましたね。
さて、ル・マンウィナーであり日本などの他カテゴリーでのレース経験も豊富、という、青田買いが横行する現代のF1ではかなり珍しくなったキャリアでのF1への参戦の仕方となったロッテラーですが、結果はチームメイトのエリクソンを予選で1秒ちぎる上々の走り。てか、エリクソンくん、君は何のためにF1に参戦してるの? 決勝は残念でしたがエリクソンがいかにF1にふさわしくないドライバーかを示しただけでも、ロッテラーはきちんと仕事をしたといえるのではないでしょうか。というか、可夢偉の乗ってないケータハムなんてなくても一緒だよね。
さて、決勝では、もう「まさか」なんてとてもじゃないけど言えない感じになってきたメルセデス2台の同士討ちがいきなり発生。これによりハミルトンは痛すぎるノーポイント。
ロズベルグはなんとか2位に入りましたが、接触の場面といい、ブレーキングでフラットスポットを作った件と言い、ニコらしいハンサムフェイスそのままのスマートな走りが今回は鳴りを潜め、焦りまくっていた印象。あんな走りをするドライバーじゃなかったはずなんですがね。今回はそれでもルイス相手にポイント差をつけられたものの、今後もこんな走りが続くようだと思わぬ形でタイトルが手から離れていくかもしれませんね。
それにしても、これで、2人の亀裂はかなり決定的な気がする上に、今後はさらにマスコミがそれを煽り、さらにその上タイトルのプレッシャーもある。2人とも心の平常を保つのが大変な状況になりそうですが、大きな事故にだけは気をつけていただいて、人間関係がぐっちゃぐっちゃになるくらいまで好き勝手やってほしいものです。
P.S. アロンソはちょっと残念でしたが、ライコネンがあのマシンで4位に入ったのは嬉しかったですね。さすがスパ・マイスターでした。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。