名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

ニキ・ラウダの発言はメルセデスの内部分裂を促すか

2016/04/20

路面がウェットの状態で始まったハンガリーGP。前日の予選結果も含めて、何かが起こりそうな感じが満ち満ちていましたが、結局そのとおりとなりましたね。
エリクソンのクラッシュによって出動したセーフティーカーとその後のピットストップとで、トップ集団が割を食い、トップグループと中段グループのマシンがシャッフル。それによって最も割りを食ったのがロズベルグ、最も得をしたのがハミルトンでした。
ハンガロリンクのように抜きにくいサーキットでこうしたことが起こると、そりゃあもう面白くならないわけがない。
それに加えて、雨やタイヤの持ちに対するチームの考えがわかれ、各マシンのタイヤ戦略が大きく異なり、それらのマシンがコース上でバトルバトル。うーん、やっぱりレースはこうでないと。
そして、最後にはトップ3台-3台の中で一番古いタイヤを履いたアロンソがトップ、2番めに古いタイヤだったハミルトンが2位、そして、前2台よりも10周以上新しいタイヤを履いたリカルド-が1秒以内で手に汗握るバトル。
結局、一番新しいタイヤを履いていたリカルドが、2人のワールドチャンピオンを抑えて勝利。カナダでの勝利がブラフでなかったことを証明しました。
ただそれより気になるのは、やはりハミルトンとロズベルグのチームメイトウォー。
最終ラップのハミルトンのロズベルグに対する幅寄せはかなりエグかったですし、その前にはハミルトンはチームからのオーダーを無視しました。
幅寄せはともかく、ハミルトンのチームオーダー無視に関しては、いろいろな意見があるでしょう。ドライバーの視点からいえば絶対に譲りたくないし、チームからすれば2台で最大限取れるポイントを獲得したいわけですから。
ただ、チームが無線で明らかなチームオーダーを出しておきながら、それをチーム首脳のニキ・ラウダがその無視を肯定するのはどうなのでしょうか。マスコミの前では口が過ぎる事もしばしばの彼ですが、これではチームが一枚岩でないことを外部に晒してるも同然。なにより、チームのトップがそうした発言を行えば、チーム内の不和を増長しかねない。
今季は他チームに対して圧倒的なアドバンテージがあるので、仮に今後メルセデスチームが分裂していったとしてもタイトルを逃すことはないと思いますが、これが来年、再来年、と他チームがメルセデスを脅かすようになってきたらどうなるか。なかなか興味深い点です。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。