名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

レッドブルグランプリを席巻したモンスターパワーユニット

2016/04/20

良いレースでしたねえ。レッドブルグランプリ。

それにしてもすごいですよねえ、レッドブルって会社は。ついにF1まで自力開催してしまうわけですから。

そういうわたしも、いつも愛飲してるんですんがね。特に社労士試験の受験中は親友と言っても過言ではないくらいよく飲んでました。

あれあれ、それにしてもF1にはレッドブルの名がついたチームが2つもあるって聞いたのに、今回のレースの上位に1台もいないけど、もしかして、今後はグランプリ運営に注力するか何かで、両チームとも売っぱらっちゃったんでしょうか。だとすると、残念ですねえ・・・。

・・・

・・・

あれ、違う?

レッドブルはまだ2チームともF1にいる? ああ、本当ですね。8位に1台と、・・・後の3台は、ああ、リタイヤですか。じゃあ、いてもいなくても一緒でしたね。

で、何ですか? そろそろレースの話をしましょうよ。

序盤のペレストレインに始まり、ウィリアムズの消極的采配、そしてハミルトンとロズベルグの熾烈なチームメイト対決。SCもなかったのに、こんな良いレースなかなか無いですよ。

ん? 何ですか? まだ何かあるんですか? まあ、別にいいやあとで聞くから、レースの話をしましょう。

とにもかくにも、ニコからしたら、もう少しウィリアムズがんばれよって話でしたね。特に2回めのピットインのボッタス。あれはないですよねえ。ハミルトンのアンダーカットをみすみす許すように、2周も遅らせてのピットイン。あのままボッタスがハミルトンの前にとどまってくれていたら、チャンピオンシップでもう3点差を付けられたわけですから。

それにしても、せっかくのレッドブルグランプリなのに、メルセデスが勝っちゃって、メルセデスのスポンサーのモンスターエナジーからしたらしてやったり。

これで来季のアメリカ・グランプリはモンスターグランプリに名前が変わってたりするんじゃないですか?

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。