名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

今季最高のレースに不要な危険を持ち込んだペレス

2016/04/20

かなり遅れてしまいましたが、先週末のカナダGPの感想を。
前回のモナコに続いてサバイバルレースになった今回のカナダGP。
F1ファンの誰もが望んでいた(!?)メルセデスのトラブルにより、今シーズンで最も面白いレースになりましたね。
もともとカナダというのは高速のモナコと称される難関コースで荒れやすいグランプリです。
おまけに、長いストレートを低速コーナーでつないだだけのレイアウトはブレーキに厳しく、今季から導入されたブレーキ・バイ・ワイヤ(BBW)が悲鳴を上げるマシンが続出しました。
その代表的なシーンが、メルセデスのハミルトンのリタイヤと、ペレスとマッサの接触のシーンだったわけです。
前者については、もしハミルトンがロズベルグのように完走出来ていたら、リカルドの初優勝は幻に終わった可能性があると個人的には思っています。確かにロズベルグは最後リカルドにあっさりやられましたが、それもすでにハミルトンがリタイヤしていたから。ハミルトンが生きていればもっと頑張っただろうし、リカルドもレースの最終盤で2台をオーバーテイクする時間的な余裕があったかも疑問です。
まあ、別にたらればでリカルドの初優勝を貶めようとは思っていないので、リカルドにはきちんと初優勝おめでとう、と言っておきます。
後者については、・・・。
また、やらかしたなセルジオ・ペレス。といった感じです。というか、これもまたF1ファンの多くが思ったことでしょう。
レッドブルの2台とのバトルの時点で無線でブレーキの不調を訴えていたペレスは、事故の場面で早めにブレーキング。トラブルを抱えたマシンなので、それは仕方ないにしても、それに加えてのライン変更。まるでマッサにぶつかりに行くかのようでした。
あのシーンがなければ、もっとリカルドの初優勝に注目が集まったと思うのですが・・・。
これによりペレスの次戦のグリッド降格が決まりましたが、あれを陰謀論だと言うフォース・インディアチーム、というより、そのように言わなければならないフォース・インディアに若干同情してしまいます。
次は、復活のオーストリアGP。過去の映像を見ると、かなりのどかな雰囲気のコースでしたが、レッドブル・リンクと名を変えた現在のコースはどうなっているのでしょうか。楽しみです。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。