名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

単にケータハムよりマルシャのほうが速かった

2016/04/20

「声高に時代はサバイバルだとコメンテーター」
と言った具合に(!)、今回のモナコは、F1では結構久しぶりのサバイバルレースになりましたね。どれぐらい久しぶりかは面倒なので調べませんが。
でも、考えてみると、今シーズン開幕前に予想されていた今季のF1というのがこんな感じだったんですけどね。
で、サバイバルレースになると相対的に得をするのが下位チームなわけですが、ケータハム、マルシャのテールエンダーはなんとどちらも2台とも完走。そして、マルシャのビアンキは自身にとってもチームにとっても初のポイント獲得となりました。
とはいえ、日本のF1ファンの多くはこれを手放しで喜べないのではないでしょうか。ビアンキは可夢偉をオーバーテイクする際に可夢偉のマシンにぶつけていった挙句、ダメージまで残していきましたからね。
あれがなければ、可夢偉とビアンキの位置は逆だったのではないか。
可夢偉もあれがなければポイントは獲得できていたと言っています。
が、まあ、ただ、ですよ。
現状のマシンの性能を考えるとやはりケータハムよりもマルシャのほうに速そうなのは、前回や今回の予選を見ても明らかで、それをコース特性や可夢偉の腕で何とかしているのがケータハムの偽りなき現状だと思うんですね。
そう考えると、可夢偉は確かに今回、ポイント獲得の絶好の機会を逃したし、運もなかった。けれでも、マルシャがケータハムよりも先にポイントを獲得したり、コンストラクターズランキングで上に行くこと自体は決しておかしくない。(もちろん、純粋なマシンの速さだけで勝敗が決まるわけでもないのがF1のおもしろさでもあるのですが)
可夢偉ファンとしては、確かに今回の結果は悔しいものがありますが、それ以上に、ケータハムやルノーにもっと頑張ってほしいという気持ちを強くした今年のモナコGPでした。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。