名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

過熱するハミルトンとロズベルグのチーメイトウォー

2016/04/20

ヨーロッパラウンド初戦のスペインGP、例年多くのチームがこのGPに合わせて大きなアップデートを持ってくるわけで、だからこそ、どこがメルセデスを止めるのか、に注目が集まっていたのですが・・・、結果は皆さんご存知のとおり。
でも、ここへきてメルセデスの2人のライバル意識がむき出しになってきたのは面白いですね。特にロズベルグは、今回もバーレーンに続いてハミルトンとタイヤストラテジーを変えてきてました。
たぶん、他のチームとのタイム差がここまで大きくなければ、こんな手には出てこないでしょう。2台でストラテジーを変えるという戦略は、確かにリスク分散に役立ちますが、でも、レースが雨模様でもない限り、普通のF1では弱者の戦略と言えなくもない。
チャンピオンシップを争うチームやドライバーからすると、戦略を分けた結果、どちらかが大きく失敗した場合のダメージが大きすぎますが、小さいチームはそれが1回でも当たってくれれば、1年を通して有利に戦えるわけですからね。
今のところ、ハミルトンとロズベルグの争いはストラテジーレベルで収まっていますが、今後より接近した形、つまりバトルによって2人が争うことがあるとどうなることやら。
個人的にはそうした事態でパッと思い浮かぶのは2010年のトルコGPでのベッテルとウェバーの接触ですけどね。ただ、今のところ後塵を拝しているのがどちらかと言うとおとなしいというかスマートなロズベルグの方なので、そこまでバカげたことにはならない気もしますが。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。