名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

不運・人的ミスよりも直視しないといけないケータハムの現実

2016/04/20

例によって例のごとく、わたしのブログでは今回も可夢偉のことを中心に今回のGPの感想を述べていきたいと思います。
まあ、今回のGP一番の出来事は、チェッカーフラッグが最終ラップの前に振られてしまったという珍事なのでしょうが、ただ、可夢偉も言うようにポイントもコンストラクターズも争っていない状態だったことを考えれば、さほど目くじら立てるような問題でもないかなと個人的に思います。
それよりも気になったのがミディアムタイヤでのケータハムのレースペース。
大半のマシンと同様にソフトでスタートしたケータハムは、マルシャのビアンキよりも安定してコンマ5秒ほど速く、ロータスのマルドナードを抑えるだけのペースもありました。
しかし、第2スティントに入りタイヤがミディアムに変わると、ロータスやザウバーにはまったく刃が立たず、ビアンキと同等もしくはやや遅いペースまでタイムが落ちてしまいました。
可夢偉が3ストップを選択し、さらに最終スティントで再びソフトタイヤを履き、さらに2ストップによりスティント後半でビアンキのタイヤが終わりかけていたこともあって、幻に終わったとはいえ、最後はビアンキをかわせましたがその差は紙一重。過去のレースのようにピットストップを減らす方向のストラテジーで行っていた場合、確実にマルシャにやられていたはずです。
チーム初のポイント獲得を目指しているケータハムですが、フライアウェイ4戦で見えてきたのは、ルノーエンジンがダメ、ダウンフォースもない、そして硬い方のタイヤは上手く作動させられない、そして、ペイな新人はどうやら外れ。
ないない尽くしのケータハムですが、そんななかで、やはり可夢偉が頼り。5月からのヨーロッパラウンドでどこまで改善してくるか、楽しみに待ちたいと思います。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。