名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

ケータハムの秘策はSCで不発に終わった

2016/04/20

今年からナイトレースになったバーレーンGP。メルセデスのパワーユニットが猛威を振るう結果になりましたが、例によって例のごとく可夢偉のことしかみてないわたしでした。その際のわたしの目の形はハート型になっていたとかいないとか。まあ、眉間にはシワが寄っていたといううわさもありますが。
結局、その可夢偉は結局15位に終わってしまいました。うーん。
この2戦のタイムを見る限り、ケータハムとマルシャのドライバーの4人のなかで可夢偉のレベルが圧倒的に違うことは明らかで、予選でチームメイトを1秒近くぶっちぎり、決勝ペースで他の3人にコンマ5秒から1秒速い。要するに下位2チームで唯一本物のF1ドライバーであるともいえます。でも、それでも前のザウバーやロータスには届かないところが今の可夢偉の難しいところなのですが。
何にせよ、15位に終わったとはいえ可夢偉のレースペースは今回も決して悪くなかった。にもかかわらず、最終的に可夢偉はチルトンに大差を付けられてしまいました。
その最大の要因はレース後半に入ったSC。これにより可夢偉と前との差はなくなりましたが、後ろのチルトンとの差もなくなってしまいました。
そして、SC明けの可夢偉のペースは酷く、チルトンにもあっさり抜かれてしまいます。その原因を、わたしは、タイヤのせいだと思っていました。チルトンはSC中にソフトに履き替えていましたが、可夢偉はミディアムのままでしたからね。
しかし、レース後の可夢偉やチームのコメントを見てみると、その理由はSC燃料が足りなかったから、というものでした。
うーん。
SCランがあれだけ長かったのにそんなことあるのかなとわたしは最初思いました。
が、チームのコメントに「SCのせいで1周余分に走ることになった」という箇所があったので合点がいきました。要するに彼らはラップダウンされることを前提に燃料を使っていたのでしょう。パワーユニットサーキットで1周分とはいえ燃料が多く使えるのは大きいですからね。
ただ、今回はそれが仇になってしまいました。SCランが長かったとはいえ、可夢偉はラップダウンを取り戻すときにレーシングスピードで走っていますし、それでなくても燃費にきついのがバーレーンはサヒールサーキット。最後は完走するのがやっとだったのでしょう。
次は上海。こちらもバーレーンほどではないにしてもストレート成分が多く可夢偉にとっては難しいレースになることが予想されますが、一方で雨がふることも多いので、思わぬ波乱があるかもしれません。
※ お知らせ:このブログの管理人で社労士の川嶋英明の電子書籍がKindleから発売されました。よろしければチェックしてみてください。https://www.amazon.co.jp/dp/B00ILUW2IO。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。