名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

ケータハムの当面のライバルはザウバー

2016/04/20

可夢偉が2戦目にしてようやくケータハムでの初完走を果たしましたね。

可夢偉がザウバーにいた頃からそうですが、わたしは基本的にレース中はライブタイミングで可夢偉のタイムばかり見ています。しかし、前回のオーストラリアは彼の欄にセクタータイムすら刻まれることなくリタイアでしたから、今回のGPで、何というか、本当にようやく可夢偉が帰ってきたなあ、と思えましたね。

で、可夢偉のタイムをずっと見ていて思ったのは、ファーストスティントに比べてセカンドスティントのほうがペースがかなり良かったという点。特にザウバーとの比較で言うと、ファーストは一気には話されはしないものの、ジリジリとザウバーに引き離される展開。しかし、セカンドになると一転、可夢偉のほうが全然速かった。これはおそらく、最初のピットストップでタイヤの内圧調整等が上手くいった結果でしょう。

特に、ザウバー2台と可夢偉のセカンドスティントのタイムを見ると、可夢偉のセクター2のタイムがかなりいい。マレーシアのセクター2は高速コーナー主体のダウンフォースセクターですから、案外あのマシンの空力は捨てたものじゃないのかもしれません。

惜しむらくは、可夢偉が2ストップ戦略を選んだこと。結果的には2でも3でも順位が変わることはなかったのですが、ろくにセッティングできていない、コース上もグリーンな状態での2ストップはやや無理があった気がしてなりません。ファーストスティントを伸ばしたことで、4秒ほどの差のところにいたザウバーが、1回めのピットストップ終了後には10秒の差になっていましたからね。

今回のレースを見る限り、可夢偉の当面のライバルは古巣ザウバー、もしかしたらロータスも射程内にいるかもしれないのですが、今は相手のことよりとにかく自分たちのこと。まずはきちんと金曜日を走ってもらいたいところですね。

※ お知らせ:このブログの管理人で社労士の川嶋英明の電子書籍がKindleから発売されました。よろしければチェックしてみてください。https://www.amazon.co.jp/dp/B00ILUW2IO。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。